--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.01/24(Thu)

Taio Cruz / Come On Girl (feat. Luciana)

DEPARTURE
顔はパッとしないんだよなぁ…。

イギリスのプロデューサー兼R&B/Popシンガー、Taio Cruzのデビューアルバム『DEPARTURE』がよ~~~~やく3月10日に発売されます。Ne-Yoが歌ったような曲だった[→I Just Wanna Know]が気になって最初に彼を紹介したのは、確か1年半くらい前だったような気がする…。えらい長いこと時間かかったなぁ。で、今回紹介するのはそのアルバムに収録される3曲目の先行シングル「Come On Girl (feat. Luciana)」です。

この曲が超超かっこいい! Justin Timberlakeの「SexyBack」を更に進化させたようなバリバリのエレクトロR&B曲で、初めて聞いたときから虜です。ヒットしろ~、ヒットしろ~。

[→MySpaceで聞けます]
00:17 |  音楽ボヤキ  | トラックバック(0)  | コメント(6) | Top↑
2008.01/15(Tue)

これはもうダメかもしれんね。 (大事な大事な追記あり)

1月23日にようやく発売される予定だったJohnta Austinのアルバムですが、、、

Ocean Drive

[→HMV]より転載。

こちらの商品はメーカーにより生産中止となりましたので、
恐れ入りますがご注文いただくことはできません。


\(^o^)/


-----------------------------------

と、書きましたが、[→MySpace]に行ってみると、、、

「Ocean Drive 3月4日発売!」

って書いてた。
まだ売る気なのかよ!m9(^Д^)プギャー


もう勝手にして。
00:02 |  音楽ボヤキ  | トラックバック(1)  | コメント(18) | Top↑
2008.01/11(Fri)

Missy Elliott / Ching-A-Ling

Ching-A-Ling

[→Official Siteで聞けます。]

Missy Elliottの新曲が到着。サントラ『Step Up 2』からの先行曲であると同時に、春に発売予定のアルバムに収録予定の曲だそうです。

それにしても、あいかわらず音遊びの楽しい変な曲で嬉しいです!
ノリ的には「Pass That Dutch」に似てるかな。
10:45 |  音楽ボヤキ  | トラックバック(0)  | コメント(6) | Top↑
2008.01/09(Wed)

Goldfrapp / A&E

遂にキタキタキタキタキタワァ*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*
大好きなアーティストだから、周りの反応なんておかまいなしに紹介させていただきます。

[→前に紹介した]Goldfrapp[ゴールドフラップ]のニューアルバム『Seventh Tree』からの先行曲、「A&E」のVideoが到着しました。

A&E

おぉ、また独特な雰囲気をもったVideoですね。幻想的なんだけど、かわいらしいという感じ。最後にクスリとくるユーモアを持ってくるあたりが、いかにも彼女達らしいです。もちろんVideoだけじゃなくて曲も大好きですよ。

今回のアルバムの「フォーク + エレクトロニカ」という方向性を聞いたときにはどんな音が出来上がるのか想像もつかなかったんですが、いざ聞いてみると思いのほかすんなりと耳に入ってきました。きっとアルバムの方も、耳にとても心地の良いアルバムになってるんでしょう。今からすごくすごくすご~く楽しみです

で、そのアルバムジャケット↓
Seventh Tree
正直、ちょっと怖いっす…。

[→MySpace]
18:34 |  音楽ボヤキ  | トラックバック(1)  | コメント(4) | Top↑
2007.12/18(Tue)

Natasha Bedingfieldが本気を出したようです。

Natasha Bedingfield

[→りんさんのBlog]で知ったんですが、アメリカで来年1月22日に発売される『Pocketful of Sunshine』の表題曲が既に[→MySpace]で公開されています。2ndシングルとの噂があるこの曲がものすご~く良いです! 彼女の伸びやかで力強い歌声が存分に堪能できるところといい、彼女のオリジナリティが見えるキャッチーなのに儚い曲のつくりといい、良く出来た曲です。MTVの人気ショー「The Hills」で使われたらしいので、既にお膳立てもバッチリ。地味地味な割に意外とヒットしている「Love Like This feat. Sean Kingston」より更にヒットしそうな予感がするんですが、どうなるでしょうか。

このアルバム、UKや日本で発売された2ndアルバム『N.B.』に収録されている曲が5曲、更に新録曲が8曲収録されるので、実質のところ全く別のアルバムと言っても良いと思います。ジャケットも意図するところが意味不明だった『N.B.』(↓の写真左)と今回のアルバム(↓の写真右)とは天と地の差です。初めからこれくらい本気出さんかい!w 日本盤でも『Pocketful of Sunshine』を発売してくれないかなぁ(´~`)

N.B.Pocketful of Sunshine
00:57 |  音楽ボヤキ  | トラックバック(2)  | コメント(4) | Top↑
2007.12/17(Mon)

Janet Jackson / Feedback

Janet Jackson
(首曲がってますよぉ。)

先週解禁されたJanet Jacksonの新曲のお話。
[→まだ聞いてない人はオフィシャル・サイトで聞いてみて下さい。]

第一印象
面白いトラックの曲だね。ただそれだけ。



この曲って世間的にはどういう反応なんでしょうか。個人的には曲自体はカッコイイし凝ってるとは思うけど、Janetが歌う必要性を全く感じないというのが本音です。もっと伸び伸び歌って欲しいのに、なんでこういうガチャガチャした曲選ぶかなぁ…。前の記事で「ノリだけじゃなくてメロディも綺麗じゃないと彼女の声って活かされないと思うので」って書いたのに、見事にノリだけの曲だったから吹きましたよw イントロ聞いた瞬間は「「If」の再来か!」と思ってワクワクしたんだけどなぁ。あとは、Music Videoがカッコイイ仕上がりになっていることを祈るのみです。
23:50 |  音楽ボヤキ  | トラックバック(0)  | コメント(4) | Top↑
2007.12/12(Wed)

平成20年2月20日

Janet Jackson

今頃から来年の2月20日の話をするのもなんですが、Janet Jacksonの新しいアルバムが出るそうです。しかも、[→今は告知のみの日本の公式ページ]によると、今週の土曜日に楽曲試聴開始という展開の速さ!

以下HMVより。
現在、鋭意制作中というアルバムですが、既にPolow Da Don、Pharrell、Jazze Pha、Johnta Austinと録音した模様で、今年の10月にJermaineがMTVに語ったところによるとThe-DreamやRodney Jerkinsも楽曲を提供。さらにMaroon 5とのコラボレーションも実現したそう。Mariah Careyを再ブレイクを成功させたJDがプライベートでもパートナーのJanetをいかに復活させるかも注目!!

Janetの声って、各プロデューサーの個性的なトラックに負けてしまわないのかね。ノリだけじゃなくてメロディも綺麗じゃないと彼女の声って活かされないと思うので、その辺をよくわかっていたJam & Lewisは今回は関与していないんでしょうか。

-----------------------------------------

さて、ここからが本題。

Goldfrapp

同じ日にGoldfrappの4thアルバム『Seventh Tree』が発売されます。個人的にはNelly Furtadoに続いて2番目に好きなアーティストなのでもの凄く楽しみにしています。しかも、またもや無意味に日本先行。嬉しいんだけど、日本先行の割にはほとんどプッシュしてくれないんですよねEMIさん。だから僕が早くからプッシュします! 「Goldfrapp? (゚Д゚)ハァ? 何それ?おいしいの?」という人が多そうなので簡単に紹介すると…、簡単に紹介しようと思いましたがHMVの今回のアルバム紹介の文章がまぁまぁ良い感じの文章なので転載します。(手抜き)

ジャンルに囚われないポップのパイオニア! 「今一番注目しているアーティスト」とマドンナが絶賛する現代のブリティッシュ・アイコン、ゴールドフラップ、4作目となる新作リリース!! リア王からジョン・レノンに至るまで、色彩鮮やかな蝶の羽の如くイギリスのシュルレアリズム(=超現実主義)がずらりと並ぶ。霞んだ夏の日のゆらゆら立ち昇る陽炎のように光り、アリソンの伸びやかな歌声が魅力的なエレクトリック・サウンドが渦巻くサウンド。ヴォーカルのアリソン・ゴールドフラップ♀とウィル・グレゴリー♂のデュオ。グラム・ロック、エレクトロなどのクラブ・ミュージック系からも人気が高いです!

なんかカタカナばっかりで分かったような分からないような。とにかく、Madonnaも一目置くほどに才能のあるエレクトロ・デュオってことですよ! この人達のどこが好きかと言うと、アルバムごとに表情が見事に違っている上に、それぞれのクオリティが高いところです。(←僕がNelly Furtadoを好きな理由とほとんど一緒) 言葉に言い表せないようなトリップした感覚を起こす美しい1stアルバム『Felt Mountain』、美しさ・激しさ・妖しさが入り乱れた2ndアルバム『Black Cherry』、Kylie Minogueにも通じるダンスPop路線に急激に傾倒した3rdアルバム『Supernature』、そして今回の4thアルバム『Seventh Tree』は、フォーク・ミュージックを取り入れた幻想的なアルバムだそうです。感覚的には1stアルバムに近いのかなぁ? とにかく期待は増すばかりです。(もう一部でリークされちゃってるらしいですが…。) 先行曲は「A & E」という曲だそうです。

A&E
23:23 |  音楽ボヤキ  | トラックバック(0)  | コメント(6) | Top↑
2007.12/09(Sun)

グラミー賞とかど~でもいい!、、、けど大胆予想

つい先日発表された今年のノミネーションの中から、興味のある部門だけを勝手に予想しています。

★主要4部門
[Record Of The Year]
バック・トゥ・ブラック(期間限定特別価格)

Beyonce / Irreplaceable
Foo Fighters / The Pretender
Rihanna feat. Jay-Z / Umbrella
Justin Timberlake / What Goes Around...Comes Around
Amy Winehouse / Rehab

こうやって見てみるといつもよりも普通なノミネート曲で、どれも耳馴染みがありますね。玄人ウケが良いAmy Winehouseが獲るんじゃないかと予想。一曲だけロックなFoo Fightersも十分ありえそう。


[Album Of The Year]
エコーズ,サイレンス,ペイシェンス・アンド・グレイス

Foo Fighters / Echoes, Silence, Patience & Grace
Vince Gill / These Days
Herbie Hancock / River: The Joni Letters
Kanye West / Graduation
Amy Winehouse / Back To Black

ここでもFoo FightersとAmy Winehouseが登場。え、Vince GillとHerbie Hancockって誰すか?('A`) 簡単に調べたところ、Vince Gillは50歳の男性カントリーシンガー、Herbie Hancockはジャズ、ファンク、ソウルの融合を図っている67歳の男性アーティストだそうです。知名度が低い(のか?)人をわざと入れてくる辺り、この人たちに賞をあげたいのかなぁ?という気もしますが、順当にFoo Fightersと予想。蟹江は結局もらえなさそうな予感がしているので…。


[Song Of The Year]
Some Hearts

Carrie Underwood / Before He Cheats
Plain White T's / Hey There Delilah
Corinne Bailey Rae / Like A Star
Amy Winehouse / Rehab
Rihanna feat. Jay-Z / Umbrella

今更感が強いCorinne Bailey Raeの「Like A Star」って今年の曲なの??? 前回ノミネートされた「Put Your Records On」よりも前にシングルカットされた曲じゃなかったっけ? 別に良いけど。予想は前回新人賞をとったCarrie Underwoodsで。Corinne Bailey Raeの楽曲もグラミー受け良さそうだなぁと思って。


[Best New Artist]
Taylor Swift

Feist
Ledisi
Paramore
Taylor Swift
Amy Winehouse

あ、Paramoreキタワァ*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:* まぁ、まず獲れないでしょうけどw Amy Winehouseは主要4部門全てでノミネートされています。どれかは獲るでしょうね。Ledisiだけ知らなかったので調べたところ、女性R&Bシンガーでした。そういえば[→このジャケ]見たことあった! で、予想はカントリーシンガーのTaylor Swift。なんだかんだ言ってグラミーは保守的ですから。Ledisiも怪しいなぁ…。


調子に乗って書いたらむちゃくちゃ時間かかったし、むちゃくちゃ長くなったので追記以降に書いてます。
意味も無く頑張ったことを少し後悔してます(ノ∀`)
もしも良ければお付き合い下さい。
01:49 |  音楽ボヤキ  | トラックバック(1)  | コメント(12) | Top↑
2007.11/29(Thu)

Jaheim / Never

The Makings of a Man

唯一無二の美しい歌声を持つ本格派R&Bシンガー、Jaheim[ジャヒーム]の新曲のPVが届きました。12月18日発売予定の4thアルバム、『The Makings of a Man』からの先行曲である「Never」です。全くの発売延期が無かったのは、シングルヒットしなくてもアルバムヒットが期待できるという事務所の自信のあらわれでしょう。賑やかしいR&Bが音楽業界の大部分を占めている中で、ここまで気持ちよくオールド・ソウルマナーにのっとった曲を歌ってくれるのはとても気持ちがいいです。R&Bの真髄ここにあり。本当に良い曲だったので、PVも素敵な仕上がりで満足しています。彼は自分に求められているものをよ~~~く分かってるよなぁ。

Chris BrownとかT-Painの流行りものR&Bアルバムは全く買う気にならなかったですが、彼のアルバムは購入予定です。どうせ日本盤は発売が遅くなって、しょ~もないボーナストラックを付けて2500円とかになるんだろう(前作の『Ghetto Classics』がそうだったから。)から、今回も輸入盤を買おうかな。彼にこの声が存在する限り、内容は保証されたも同然ですよ!
00:14 |  音楽ボヤキ  | トラックバック(0)  | コメント(2) | Top↑
2007.11/14(Wed)

Alicia Keys 「Like You'll Never See Me Again」のPVが解禁!

Alicia Keysのニューアルバム『As I Am』からの2ndシングルとなる超強力バラード。アルバム発売までこの曲は楽しみにとっておこうと思っていたんですが、我慢できなくて聞いちゃいました。こ、これは、、、ヤバイ。ヤバイという言葉はあんまり使いたくないけどヤバイ! 美しいトラック、感情をそのままぶつけたようなボーカル、力強い歌詞、やっぱりこの人は只者じゃないと思い知らされました。

「失って改めて分かる大切さ」を表現したPVで、事故に遭遇した彼氏役を務めているのはラッパーのCommon。[→I Want You]で共演したお礼なのかな?

アズ・アイ・アム(初回生産限定盤)

[→MySpace]
13:31 |  音楽ボヤキ  | トラックバック(0)  | コメント(6) | Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。