--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.01/14(Mon)

1/12付け The Billboard Hot 100

★Top10
 1   → (10) Flo-Rida / Low (feat. T-Pain) [2 Weeks] [★Greatest Gainer / SALES]
 2   → (17) Alicia Keys / No One
 3   → (22) Timbaland presents OneRepublic / Apologize
 4    →  (16)  Chris Brown / Kiss Kiss (feat. T-Pain)
 5  ↑6 (25) Soulja Boy Tell'em / Crank That (Soulja Boy)
 6   ↓1  (12)  Fergie / Clumsy
 7   → (27) Colbie Caillat / Bubbly
 8   ↓2  (30)  Finger Eleven / Paralyzer
 9   → ( 9) Sara Bareilles / Love Song
10   ↓2  (14)  Jordin Sparks / Tattoo


Flo RidaAlicia Keysソウルジャ・ボーイ・テレム・ドット・コム

週間ダウンロード数記録を打ち立ててFlo-Ridaが2週目の1位。年末ということで、2007年のヒット曲が続々ランクアップしました。再Top10入りを果たしたSoulja Boy Tell'emもその一例。


★Top40圏内注目曲
13   ↑2  ( 9)  Sean Kingston / Take You There
14   ↑6  (23)  Kanye West / Stronger
17   ↑9  (14)  Taylor Swift / Our Song
19   ↑4  (30)  Taylor Swift / Teardrops On My Guitar

21  ↑18  (37)  Fergie / Big Girls Don't Cry [★Greatest Gainer / AIRPLAY]
23  ↑22  (47)  Nickelback / Rockstar
24   ↑6  (18)  matchbox twenty / How Far We've Come
25   ↑7  (17)  Good Charlotte / I Don't Wanna Be In Love (Dance Floor Anthem)
26   ↑5  (24)  Paramore / Misery Business
30   ↑3  (13)  Santana / Into The Night (feat. Chad Kroeger)
31   ↑6  (21)  Daughtry / Over You
32   ↑6  (16)  DJ Khaled / I'm So Hood (feat. T-Pain, Trick Daddy, Rick Ross & Plies)
38  ↑4 ( 9) Birdman / Pop Bottles (feat. Lil Wayne)
40  ↑45  (21)  Jonas Brothers / S.O.S.



38位: Birdman / Pop Bottles (feat. Lil Wayne)

5 * Stunnaアルバム『5*Stunna』からの1stシングル。
[→Video]

19:45 |  2008年 Billboard Chart  | Top↑
2007.12/29(Sat)

1/5付け The Billboard Hot 100

まだ年は明けていませんが、ビルボードチャートは既に2008年度に入りました。
今週から、フィーチャリングアーティストは曲名の後に括弧書きで表記することにしました。

★Top10
 1  ↑1 ( 9) Flo Rida / Low (feat. T-Pain) [1 Week]
 2   ↓1  (16)  Alicia Keys / No One
 3    →  (21)  Timbaland presents OneRepublic / Apologize
 4    →  (15)  Chris Brown / Kiss Kiss (feat. T-Pain)
 5   → (11) Fergie / Clumsy
 6  ↑1 (29) Finger Eleven / Paralyzer
 7   ↓1  (26)  Colbie Caillat / Bubbly
 8    →  (13)  Jordin Sparks / Tattoo
 9  ↑7 ( 8) Sara Bareilles / Love Song [★Greatest Gainer / SALES]
10   ↓1  (17)  Rihanna / Hate That I Love You (feat. Ne-Yo)


Flo RidaFergieSara Bareilles

Alicia Keysを蹴落として遂に1位になったのはFlo Rida。読み方は[フロ・リダ]じゃなくて[フロー・ライダー]だそうです。ついでにColbie Caillatも[コルビー・カイラット]と読むのではなくて、[コルビー・キャレイ]と読むそうです。何処に「イ」の発音があるの…? 名前って難しい! Sara Bareillesが先週のジャンプアップの勢いを殺すことなくTop10入り。最近は女性シンガーソングライターが強いですねぇ。
[→Flo Rida / Low]
[→Fergie / Clumsy]
[→Sara Bareilles / Love Song]


★Top40圏内注目曲
12  ↑11  (15)  Wyclef Jean / Sweetest Girl (Dollar Bill) (feat. Akon, Lil Wayne & Niia)
15   ↑3  ( 8)  Sean Kingston / Take You There
16   ↑9  ( 4)  Chris Brown / With You [★Greatest Gainer / AIRPLAY]
17   ↓3  (13)  Plies / Hypnotized (feat. Akon)
18   ↑1  (10)  Natasha Bedingfield / Love Like This (feat. Sean Kingston)

21 ↑24 ( 8) Britney Spears / Piece Of Me
22   ↑4  (10)  Mary J. Blige / Just Fine
27  ↑10  ( 4)  Snoop Dogg / Sensual Seduction
31   ↑4  (23)  Paramore / Misery Business
34 ↑13 ( 5) Rihanna / Don't Stop The Music
35  ↑6 ( 7) J. Holiday / Suffocate
36   ↑3  ( 5)  Kanye West / Flashing Lights (feat. Dwele)


なんか知らないけどWyclef Jeanがジャンプアップしてますね。
Chris Brown「With You」は、この調子でいけば1位は余裕なんじゃないだろうか。


21位: Britney Spears / Piece Of Me
34位: Rihanna / Don't Stop The Music
35位: J. Holiday / Suffocate


Britney SpearsRihannaJ. Holiday

21位Britney Spears[ブリトニー・スピアーズ]がランクイン。アルバム『Blackout』からの2ndシングルです。耳に残る電子音ブリブリなトラックに挑発的な歌詞を載せた曲で、今のブリちゃんの様子をよく表現出来た曲かと。エアプレイはそんなに増加していないので、Video解禁の影響で曲のダウンロードが急激に増えた結果、こんなにランクアップしたんだと思います。今回のVideoを見て改めて、「お、ブリちゃんやっぱかわいい!」って思った人がきっと多かったんでしょう。
[→Britney Spears / Piece Of Me]

34位Rihanna[リアーナ]がランクイン。アルバム『Good Girl Gone Bad』からの4thシングルです。やっとアメリカでもこの曲のシングルカットしてくれましたか! どういう反応が返ってくるのかと思っていたら、意外とすんなりと受け入れられているようで嬉しいです。曲の紹介を全然してませんでしたが、Stargateがプロデュースした躍動感溢れるダンス・ポップ。ちょっと古臭いノリが、逆に今となれば新鮮な印象。Michael Jacksonの「Wanna Be Startin' Somethin'」をネタに使ってます。
[→Rihanna / Don't Stop The Music]

35位J. Holiday[J. ホリデイ]がランクイン。アルバム『Back of My Lac'』からの3rdシングルです。制作にはThe-DreamとTricky Stewartが関与しています。要所要所に聞こえるシンセ音がアクセントになっていますが、どことなく90年代の香り漂う正統派スロウ・ジャム。「Bed」が大ヒットした後の勢いのある今だからこそ、この曲もヒットできているんじゃないでしょうか。
[→J. Holiday / Suffocate]
02:20 |  2008年 Billboard Chart  | トラックバック(0)  | コメント(10) | Top↑
PREV  | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。