--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.09/16(Sun)

なんとなくアルバムの感想を書いてみる。その1

「きちんと聞き込んだのか?」と言われれば全く自信はないですが、感想を書いてみた。
大体僕は語彙が少ないので(←全く本も読まないし。)、
大した感想なんて書けないことくらい認識してますよ、えぇ。
感想を「参考にする、しない」はあなた次第! m9(`・ω・´)

Rihanna / Good Girl Gone Bad
満足度: 9/10
グッド・ガール・ゴーン・バッド(期間限定特別価格)
いやぁ、これはR&B、Dance、Rock、などの様々なジャンルを網羅した見事なポップアルバムです。ほとんどの曲でシングルカット出来ますね。「多彩なプロデューサーが多彩な楽曲を作ったので、良いアルバムになるに決まってる!」と言ってしまえばそれまでだけど、Rihannaだからこそそれに負けない存在感を放てるわけですよ。ここまで充実した作品を出されると、これまでの3枚でやれること全部やっちゃったんじゃないか?と、これからが不安にすらなります。余計なお世話?
[→Don't Stop The Music]

Linkin Park / Minutes To Midnight
満足度: 6/10
ミニッツ・トゥ・ミッドナイト
色々なインタビューで彼らが言っていた通りに、今までやってきたようなことを敢えて避けてチャレンジした作品。今までの様なミクスチャー・ロック路線は影を潜め、どちらかと言うとストレートなロック路線です。だから賛否両論が出るのは当然。僕の正直な意見を言うと、他のバンドのロック・アルバムとして聞けば良いのかもしれんが、わざわざ彼らにこういう路線を求めていなかったわけで…。曲単位としては好きな曲が結構ありますが、作品全体のコンセプトとしては今のところあまりしっくりきていません。次に出す作品の路線によっては再評価するかもしれないですが。
1stシングル : [→What I've Done]

Simon Webbe / Grace
満足度: 5/10
グレース
日本でも人気のあったUKの男性アイドル・グループBLUEのメンバーの1人、Simon Webbeの2ndアルバムです。前作では色々な音に挑戦し、更に自分のカラーを上手く出すことの出来ていたなかなかの意欲作だったわけですが、今作はガッカリ…。アコースティック・ポップR&Bの金太郎飴といった感じで、同じような曲が続きすぎて聞いていて飽きます。内容も前作とほぼ同様で新鮮味なし。それどころか幅が狭まっていますがこんなことで大丈夫なのか? 声を絞り出して歌うような2ndシングル「My Soul Pleads For You」は新しかったですが、元々歌は上手い方ではないんだから(良い声だとは思うけど。)相当無理しているのがバレバレで聞いていて辛い。良い歌詞も書くし、ポップとR&Bの中間を保ったUK歌手として期待してるんだから、次は新しいことにチャレンジして欲しいな。
3rdシングル : [→Grace]

5枚くらい書くつもりでしたが、予想以上に疲れたのでまた今度。

Rihanna / Good Girl Gone Bad
1. Umbrella (feat. Jay-Z) ★★★★★
2. Push Up On Me ★★★★
3. Don't Stop The Music ★★★★☆
4. Breakin' Dishes ★★★★☆
5. Shut Up and Drive ★★★★
6. Hate That I Love You (feat. Ne-Yo) ★★★★
7. Say It ★★★☆
8. Sell Me Candy ★★★★☆
9. Lemme Get That ★★★★☆
10. Rehab ★★★★
11. Question Existing ★★★☆
12. Good Girl Gone Bad ★★★★
*13. Cry ★★★☆
*14. Hautend ★★★☆

Linkin Park / Minutes To Midnight
1. Wake ★★★
2. Given Up ★★★☆
3. Leave Out All The Rest ★★★★
4. Bleed It Out ★★★★
5. Shadow Of The Day ★★★★
6. What I've Done ★★★☆
7. Hands Held High ★★★
8. No More Sorrow ★★★
9. Valentine's Day ★★★
10. In Between ★★★☆
11. In Pieces ★★★★
12. The Little Things Give You Away ★★★
*13. Faint (Live) ★★★★

Simon Webbe / Grace
1. Coming Around Again ★★★☆
2. Seventeen ★★★☆
3. Sunshine (Love Like That) ★★★☆
4. Go To Sleep ★★★☆
5. Ain't True To Yourself ★★★
6. Don't Wanna Be That Man ★★★
7. Angel (My Life Began With You) ★★★☆
8. Fool For You ★★★★
9. My Soul Pleads For You ★★☆
10. That's The Way It Goes ★★☆
11. Take Your Time ★★☆
12. Grace ★★★☆
*13. Rain ★★☆
*14. Whatever Gets You Through The Night ★★★
スポンサーサイト
23:00 |  アルバムの感想  | トラックバック(0)  | コメント(4) | Top↑

きちんと聞き込みもせず感想文を書く
読書嫌いの男が来ましたよー(゚∀゚)
この中だとRihannaしか聴いてないけど、
満足度: 9/10には納得。

Simon Webbeの
>アコースティック・ポップR&Bの金太郎飴といった感じ

これ結構キツそうw
ピタ | 2007.09.17(月) 06:53 | URL | コメント編集

●>>ピタ君

読書嫌いなんだw
自分は、周りを静かにして何かをするってことが嫌いな上に、
最初に何の本を読んだら良いか分からないから読書しないんよね。

Rihannaのは良いアルバムだよね♪

Simon Webbeのはキツいと思う。あんなに一本調子なアルバムは珍しいw
kino | 2007.09.17(月) 10:28 | URL | コメント編集

僕はRihanna10点つけてもいいなー。
こんだけのアルバム作ったんだから次は2年くらい空けとくべきでしょうね。いくらでもいい曲あるのに、先行シングルのオンエアだけでプロモーションが打ち切られてしまう日本の売り方が悲しい・・・。Maroon 5みたいにCMタイアップつけるとかすりゃいいのに。

Simon Webbeは借りただけだけど先行シングルの時点でもうダメだったなー。もうパソコンからも消しちゃったし。クレデヴィの3rdも僕は割と否定派なんだけど、Ne-Yo作品とかのアコギR&Bに比べてUK産のこの系統はどーもポップとアーバンのサジ加減がへったくそな感じがします。UKアコギ系でもCorinne Bailey Raeは良かったですけどね。
skg | 2007.09.18(火) 01:37 | URL | コメント編集

●>>skgさん

やっぱり10点付けるのには、僕の場合はかなり勇気がいるんですよね。
Aaliyahの『Aaliyah』が僕の10点満点アルバムです!
日本で売ろうとする場合は先行曲が非常に大事になってきますよね。
これってしょうがないことなんですかねぇ…(´~`)

工エエェェ(´Д`)ェェエエ工、
UK産R&Bについては2人の意見が合わないですよね、前から思ってたけどw
僕はあんまりUK産R&Bに黒さは求めてなくて、どっちかと言うとポップさを望んでいます。
(Nathanが日本で流行ってますが、アルバム全体がNe-Yoっぽいと聞いて買う気を失くす。)
Simon Webbeも、先行曲はいつもの路線だったのでOKですが、
アルバム全部があんな曲っていうのがむちゃくちゃ辛かった。
1stが好きなのはちゃんとしたR&Bから、
ロック、カントリー、ブルースみたいな曲も入ってたからなんですよね。
kino | 2007.09.18(火) 10:08 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。