--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.02/11(Mon)

最近購入したCDとプチ感想

ビルボード記事は手間がむっちゃくちゃかかる割にはモチベーションが上がらずあんまり面白くないので、
これからも定期的にこういうボヤキ記事を書いていきたいと思います。

Lethal Bizzle『Back To Bizznizz』Jaheim『The Makings Of A Man』を購入しました。

Back to Bizness

Lethal Bizzleは「グライムとロックを掛け合わせたアーティスト」だと聞いたので前から気になってたんですよね。聞いてみた感想は、思った以上にあっさりしてたなぁと。ロックの疾走感のあるトラックの中をラップしてる音ってのが自分の中では新鮮だったので最初は「おぉ~!」と思ったんですが、その音に慣れてみると「だったら、普通にロックアルバム聞けば良くない?」って気がしてきちゃったんですよね。いや、それ言ったら元も子もないんだけど。

ザ・メイキング・オブ・ア・マン

うちのBlogの説明文を変えるほど今はポップ・ミュージックにハマってるんですけど、そんな中でもJaheimの作品は無視できないよなぁと思ったので購入。だって前作がむちゃくちゃ良かったもん! R&Bを歌うために生まれてきたような彼のシルキー・ボイスは卑怯です。今回の内容も良いに決まってるじゃないですか! サウンド面はオールド・ソウルに満ち溢れた前作のような曲はもちろん、彼なりに今の流行りを取り入れた曲があってなかなか好印象。いくら声が良いからっていつまでも同じ場所に留まっていたら意味無いですもんね。ブリブリシンセとギターを使用したドラマティックなトラックの「Just Don't Have A Clue」は新鮮味を感じられる面白い曲で、今のところ一番気に入っています。こういう曲が良いスパイスになっていてメリハリも感じられました。日本盤には、共にシンセ使いの2曲のボーナストラックが収録されています。彼にしては実験性溢れる曲でしょうか。これからの可能性を示唆させるまずまずの曲で、一聴の価値はあると思います。


アズ・アイ・アムJ.ホリデイ

え~っと、Alicia Keysの「No One」やJ. Holidayの「Bed」についてあんなに騒いでたくせに「アルバムについては一切触れないのかよ!」って思ってた人居ませんか? 正直言ってどちらのアルバムにもハマれなかったんですよね。共通して言えることは「なかなか渋いことやってると思うけど、今の自分が好んで聞くようなアルバムではないな…。」ってトコです。どっちも聞いてると疲れてくるんですよねー。どの辺がどう嫌だったのかウダウダ書くと後が怖いのでやめときます。
スポンサーサイト
00:01 |  アルバムの感想  | トラックバック(0)  | コメント(6) | Top↑

てぃーす!新記事お待ちしてました。笑

てかkinoさん!俺もJaheimのレヴューは書き終えて、出し惜しみしてるんすけど(笑)ビックリ!
『Just Don't Have A Clue』に関する内容が似てるぅ!!カブっちゃいましたが、あえて変えずにアップしますね。なんか嬉しくて、速攻書き込んじゃったし。

いいアルバムですよね~。
Tru | 2008.02.10(日) 22:32 | URL | コメント編集

J. Holidayは自分も結局アルバムは全然聞かなかったし、ハマらなかった。
1000円ぐらいで買ったからそんなに聴かなくても損した感はないんだけどw
新たに何曲か追加して出したけど、別に・・・って感じ。
Jaheimは初めて買ったけど、結構気に入ったかも♪
ピタ | 2008.02.11(月) 02:53 | URL | コメント編集

あー、アリキー僕も遅ればせながら買ったんだけど
意見が160度くらい反対ですね。
僕はシングルの打ち込み音の使い方がなんだか嫌だったので
アルバムで生音っぽいのが聴けて却って安心しました。
と言いつつあんま聴いてないけど。
やっぱ2ndは名作だったなあ、とかフィードバック効果のが大きいですw
J. Holidayは、、、渋いの??意外。。。
「Bed」の時点でウザくてスルーしたので(笑)、アルバムもノーチェックなんです。
skg | 2008.02.11(月) 12:42 | URL | コメント編集

●>>Truさん

「Just Don't Have A Clue」はアルバムのキーになる良い曲だと思います!
彼なりに流行りにのっかっても、時代に「流されてる」印象は全然受けないところが凄いですよね。
Truさんの感想も楽しみにしてますね!
kino | 2008.02.11(月) 23:55 | URL | コメント編集

●>>ピタ君

J. Holidayのはちょっとね…。
1曲ずつピックアップして聞くにはちょうど良いけどずっと流すのは辛いかな。
Jaheimは他のアルバムもこれくらいのクオリティを保ってるよ~!
kino | 2008.02.11(月) 23:56 | URL | コメント編集

●>>skgさん

じゃあコメント欄だから嫌な点を遠慮なく書いちゃいましょうw

AliciaのはR&Bっぽさが減衰したから聞きづらくなっちゃたんですよね~。
胸にグッとくるような曲でもR&Bのリズムがあるからスーッと消化できていたものが、
バンドサウンドになると直接的に感じちゃうんですよね。
そこがおそらく今回のアルバムの狙いなんでしょうけど、
僕には非常に重く感じました。
良い曲もず~っと続けて聞いていると辛いものなんだなぁと感じさせられました。

J. Holidayはかなり渋いことしてますよ。
今の流行りなんて全くお構い無しの我が道を行くアルバムです。
ノリで押し切る曲は一切なし。
1stシングルの「Be With Me」や3rdシングルの「Suffocate」みたいな曲で
全て占められていると考えれば分かり易いです。
その分、む~っちゃくちゃ単調です。眠くなる。
kino | 2008.02.12(火) 00:08 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。