--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.02/11(Mon)

最近購入したCDとプチ感想

ビルボード記事は手間がむっちゃくちゃかかる割にはモチベーションが上がらずあんまり面白くないので、
これからも定期的にこういうボヤキ記事を書いていきたいと思います。

Lethal Bizzle『Back To Bizznizz』Jaheim『The Makings Of A Man』を購入しました。

Back to Bizness

Lethal Bizzleは「グライムとロックを掛け合わせたアーティスト」だと聞いたので前から気になってたんですよね。聞いてみた感想は、思った以上にあっさりしてたなぁと。ロックの疾走感のあるトラックの中をラップしてる音ってのが自分の中では新鮮だったので最初は「おぉ~!」と思ったんですが、その音に慣れてみると「だったら、普通にロックアルバム聞けば良くない?」って気がしてきちゃったんですよね。いや、それ言ったら元も子もないんだけど。

ザ・メイキング・オブ・ア・マン

うちのBlogの説明文を変えるほど今はポップ・ミュージックにハマってるんですけど、そんな中でもJaheimの作品は無視できないよなぁと思ったので購入。だって前作がむちゃくちゃ良かったもん! R&Bを歌うために生まれてきたような彼のシルキー・ボイスは卑怯です。今回の内容も良いに決まってるじゃないですか! サウンド面はオールド・ソウルに満ち溢れた前作のような曲はもちろん、彼なりに今の流行りを取り入れた曲があってなかなか好印象。いくら声が良いからっていつまでも同じ場所に留まっていたら意味無いですもんね。ブリブリシンセとギターを使用したドラマティックなトラックの「Just Don't Have A Clue」は新鮮味を感じられる面白い曲で、今のところ一番気に入っています。こういう曲が良いスパイスになっていてメリハリも感じられました。日本盤には、共にシンセ使いの2曲のボーナストラックが収録されています。彼にしては実験性溢れる曲でしょうか。これからの可能性を示唆させるまずまずの曲で、一聴の価値はあると思います。


アズ・アイ・アムJ.ホリデイ

え~っと、Alicia Keysの「No One」やJ. Holidayの「Bed」についてあんなに騒いでたくせに「アルバムについては一切触れないのかよ!」って思ってた人居ませんか? 正直言ってどちらのアルバムにもハマれなかったんですよね。共通して言えることは「なかなか渋いことやってると思うけど、今の自分が好んで聞くようなアルバムではないな…。」ってトコです。どっちも聞いてると疲れてくるんですよねー。どの辺がどう嫌だったのかウダウダ書くと後が怖いのでやめときます。
スポンサーサイト
00:01 |  アルバムの感想  | トラックバック(0)  | コメント(6) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。