--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.12/31(Mon)

Best of 2007 -シングル部門 10位→1位

最近にしては珍しく3日連続更新です。
昨日に引き続いて、今日は10位から1位までを発表したいと思います。



10位: Chrisette Michele / Best Of Me

アイ・アム(期間限定特別価格)アコギの音に彼女の声がとてもよくマッチしていて癒されるわぁ。本当に味があるし、彼女の声は大好きです。前に歌詞まで調べて、結構切ない曲だということが分かりました。まだアルバムは買っていないのでその内に買う予定。
[→Video]


9位: Diddy / Last Night (Radio Edit) (feat. Keyshia Cole)

Last Nightそんなに気にしていなかったKeyshia Coleへの興味を一気に高めてくれてのがこの曲。Mario Winansさん、80年代風なこのシンセの使い方は卑怯すぎますよ! 最初の内はDiddyのナヨ声は要らないんじゃないかと思っていましたが、今となれば、力強い声のKeyshia Coleとの対比もこの曲の面白みなのかなぁと考えられるようになりました。
[→Video (Radio Edit)]


8位: P!nk / Who Knew

Who Knew, Pt. 2一時期狂ったようにこの曲ばっかり聞いていたので、再生回数で言うとこの曲が今年の1位です。ようやくビルボードでもヒットしてくれて本当に嬉しかった! この調子で今後もパワーを見せつけてやって欲しいです。
[→Video]


7位: Sterling Simms / Nasty Girl

Sterling Simmsこの曲はだいぶ前に紹介しましたが、それ以降全くアルバムを発売する気配なし…。(つい最近になって新曲が発表されましたが。) ていうか、iTunes Storeにすら売られていない時点でDef Jamやる気あんの?って感じです。モロにMichael Jacksonっぽいですが、トラックもシンプルなVideoも声も本当に自分好みでした。しかも、これもStargateプロデュースだと聞いて度肝を抜かれました。
[→Video]


6位: Keyshia Cole / Let It Go (Extended Version) (feat. Missy Elliott & Lil Kim)

Let It Go最初は「結構期待してたのにまた地味な曲を…。」というマイナスの印象から始まったんですが、聞けば聞くほどどんどん好きになっていった曲でした。自分の中でKeyshiaの評価が更に高まった上に、Missy Elliottはやはり只者ではないと感じさせられました。そして、Keyshiaの歌やLil KimのラップがカットされていないExtended Versionの方がどう考えても好き。
[→Video (Album Version)]
[→Audio (Extended Version)]


5位: Nas / Can't Forget About You (feat. Chrisette Michele)

ヒップホップ・イズ・デッド(限定特別価格)これもテレビでMusic Videoを見て一目惚れ。とにかく渋い! かっこいい! あまりに魅せられすぎてアルバムまで購入しちゃいましたからね。Chrisette Micheleの存在を知ったのもこの曲のおかげでした。こういう曲までプロデュース出来るwill.i.amも大したもの。
[→Video]


4位: Ciara / Like A Boy

Like a Boyアルバム発売当初から「この曲はむちゃくちゃヤバイ!」と言い続けてきた一曲。それだけに是非大ヒットして欲しかったのに、結果的には中途半端なヒットに終わりました。確かにシングルとしては地味かもしれないけれど、この曲の完成度の高さやかっこよさを理解してくれないとはガッカリもいいところでした。
[→Video (Video Version)]


3位: Aly & AJ / Potential Breakup Song

Potential Break Up Song全く予想もしなかった人達の曲にハマってしまいました。Aly & AJなんて今まで気にかけたことすらなかったのに…。この一曲だけで70年代、80年代シンセポップをたっぷり堪能できるという素晴らしい曲。「今は21世紀ですよ、お嬢ちゃん達www」なんて思う人は、せいぜいSoulja Boyの踊りでも踊って、現代の感覚にでも浸っておいてくださ~い。
[→Video]


2位: Timbaland / The Way I Are (feat. Keri Hilson & D.O.E.)

Way I Are好き。ただそれだけが理由です。だって本当に好きだし。うん、好き。これもアルバム発売当初からのヘビロテ曲で未だに普通に聞いてます。Timbaland & Danjaがやりたかった曲の完成形がこれだと思う。こういうサウンドがいつまで世間に受け入れられるかが鍵ですね。あのNeptunesですら、最近は新鮮味が薄まってパッとしないんですから。あとは、Keri Hilsonのデビューがすんなりと運んでいくのかにも注目したいです。
[→Video (Video Version)]




そして1位は。。。(無駄に引っ張る)
スポンサーサイト
01:46 |  年間ベスト選考  | トラックバック(0)  | コメント(14) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。