--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.12/12(Wed)

平成20年2月20日

Janet Jackson

今頃から来年の2月20日の話をするのもなんですが、Janet Jacksonの新しいアルバムが出るそうです。しかも、[→今は告知のみの日本の公式ページ]によると、今週の土曜日に楽曲試聴開始という展開の速さ!

以下HMVより。
現在、鋭意制作中というアルバムですが、既にPolow Da Don、Pharrell、Jazze Pha、Johnta Austinと録音した模様で、今年の10月にJermaineがMTVに語ったところによるとThe-DreamやRodney Jerkinsも楽曲を提供。さらにMaroon 5とのコラボレーションも実現したそう。Mariah Careyを再ブレイクを成功させたJDがプライベートでもパートナーのJanetをいかに復活させるかも注目!!

Janetの声って、各プロデューサーの個性的なトラックに負けてしまわないのかね。ノリだけじゃなくてメロディも綺麗じゃないと彼女の声って活かされないと思うので、その辺をよくわかっていたJam & Lewisは今回は関与していないんでしょうか。

-----------------------------------------

さて、ここからが本題。

Goldfrapp

同じ日にGoldfrappの4thアルバム『Seventh Tree』が発売されます。個人的にはNelly Furtadoに続いて2番目に好きなアーティストなのでもの凄く楽しみにしています。しかも、またもや無意味に日本先行。嬉しいんだけど、日本先行の割にはほとんどプッシュしてくれないんですよねEMIさん。だから僕が早くからプッシュします! 「Goldfrapp? (゚Д゚)ハァ? 何それ?おいしいの?」という人が多そうなので簡単に紹介すると…、簡単に紹介しようと思いましたがHMVの今回のアルバム紹介の文章がまぁまぁ良い感じの文章なので転載します。(手抜き)

ジャンルに囚われないポップのパイオニア! 「今一番注目しているアーティスト」とマドンナが絶賛する現代のブリティッシュ・アイコン、ゴールドフラップ、4作目となる新作リリース!! リア王からジョン・レノンに至るまで、色彩鮮やかな蝶の羽の如くイギリスのシュルレアリズム(=超現実主義)がずらりと並ぶ。霞んだ夏の日のゆらゆら立ち昇る陽炎のように光り、アリソンの伸びやかな歌声が魅力的なエレクトリック・サウンドが渦巻くサウンド。ヴォーカルのアリソン・ゴールドフラップ♀とウィル・グレゴリー♂のデュオ。グラム・ロック、エレクトロなどのクラブ・ミュージック系からも人気が高いです!

なんかカタカナばっかりで分かったような分からないような。とにかく、Madonnaも一目置くほどに才能のあるエレクトロ・デュオってことですよ! この人達のどこが好きかと言うと、アルバムごとに表情が見事に違っている上に、それぞれのクオリティが高いところです。(←僕がNelly Furtadoを好きな理由とほとんど一緒) 言葉に言い表せないようなトリップした感覚を起こす美しい1stアルバム『Felt Mountain』、美しさ・激しさ・妖しさが入り乱れた2ndアルバム『Black Cherry』、Kylie Minogueにも通じるダンスPop路線に急激に傾倒した3rdアルバム『Supernature』、そして今回の4thアルバム『Seventh Tree』は、フォーク・ミュージックを取り入れた幻想的なアルバムだそうです。感覚的には1stアルバムに近いのかなぁ? とにかく期待は増すばかりです。(もう一部でリークされちゃってるらしいですが…。) 先行曲は「A & E」という曲だそうです。

A&E
スポンサーサイト
23:23 |  音楽ボヤキ  | トラックバック(0)  | コメント(6) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。