--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.08/13(Mon)

M.I.A. 『KALA』

カラ KALA

発売日: 2007/8/8[日本盤]
お気に入り度: 9/10

商業的な成功は手に出来なかったものの、世界中の音楽ファンや批評家に大きな衝撃を与えたデビュー作『Arular』。それから経つこと約2年、遂に発売された2ndアルバムの『KALA』です。レーベル側はThe Neptunes、will.i.am.、Swizz Beatz、Lil' Jonなど大物プロデューサーを起用したアルバムにしようとしたそうですが、彼女のビザの問題や、スケジュール、方向性の違いから彼女はこれを拒否。結局はTimbalandプロデュースの1曲を除き、前作からの付き合いがあるDiploをはじめとしたアンダーグラウンドなプロデューサーにより制作されたアルバムとなっています。

まず幕開けとなる「Bamboo Banga」で、今回も「やられた!」と思いました。ノリの良いビートでありながらも、サーキット音の使用や呪文のようにボソボソと展開されるフローに独特なものを感じずにはいられません。2ndシングルとなっている「Jimmy」は大ヒットしたインド映画の挿入歌のカバーです。このアルバムからは少し異彩を放つ曲ではあるものの、とても病み付きになって面白い。他にも、民族楽器を多く使用したセルフプロデュース曲である「BirdFlu」、ジャングルで聞いたNew Orderの「Blue Monday」という感じのビートの「20 Dollar」、MySpaceで公開するために2時間で作ったというのが信じられないほどに完成度が高い「XR2」、もう一歩で「音痴の不愉快な曲」となりそうなところをギリギリのラインで「ユニークな曲」に抑えているボーナストラック「Far Far」などをはじめとした、前作に続き脳内を揺さぶられる一筋縄ではいかない曲ばかり。そして今回も語られるは戦争や銃などの世界情勢に関わるものが多く、考えさせられます。

大物プロデューサーを使わずに世界各地を転々としながら制作されたことは、結果として大正解だと思います。前作のような泥臭さは少しだけ減退したものの、今作は曲のバリエーションが豊富で飽きることなく最後まで聞くことができるのでとてもお勧めです。このアルバムを買う前は、「デビューアルバムの一発屋になるのでは…。」と少し心配もしていたのですが、そんな心配は全く不要でした。それどころか本人も「Bamboo Banga」で言っているように、数段とパワーアップして帰ってきてくれました! アルバムジャケットやPVまで全てを手掛けている彼女の枯れること無き才能には頭が下がる思いです。これは是非ヒットして欲しい、というかヒットすべきアルバムでしょ。
スポンサーサイト
11:57 |  アルバムの感想  | トラックバック(1)  | コメント(4) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。