--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.07/29(Sun)

7月のPersonal Chart

今日む~っちゃくちゃ暇だったんで、Blogデザインの模様替えを思いつきました。最初はTop画像だけ変えるつもりだったんですが、なにぶん凝り性な性格のため、気が付けばデザイン総替えのために数時間かかってしまうハメに…(ノ∀`)アチャー

で、これまた自己満足の月一恒例Personal Chartです。別に(゚⊿゚)イラネって人はブラウザ閉じちゃって!

Bed

1位: J. Holiday / Bed
とにかくこの曲に夢中になった1ヶ月なのでした。アルバム発売はまだまだ先なのが残念…。

2位: Aly & AJ / Potential Breakup Song
3位: P!nk / Who Knew
4位: Nelly Furtado / Do It
5位: Timbaland feat. Keri Hilson & D.O.E. / The Way I Are
6位: Musiq Soulchild / Teachme
7位: Kelly Clarkson / Never Again
8位: Eve feat. Swizz Beatz / Tambourine
9位: KT Tunstall / Hold On
10位: Paula DeAnda feat. Lil' Wayne / Easy

InsomniaticWay I Areラヴアンミュージック(初回限定盤)

というわけで体に電流が走ったのはAly & AJ。2007年という時代にしてここまでふるくっさいキラキラポップスをするとは驚き。おそらく「ダッセ~!」の一言で片付けちゃいそうな人も多そうですが、そのちょっとダサイ感じが良いのですよ! P!nkはヒット祈願の意味も込めて聞いてます。Timbaland、別にいまさらこの曲に関してど~こ~言うつもりも無いのですが、iTunes StoreでRadio Edit(って言ってもアルバムに収録されてるやつより30秒ほど長いバージョン)を買ってよく聞いています。「アルバムは要らないけどこの曲は好き」って人は是非! Musiqの「Teachme」はPV見て好きになりました。こういう曲もっとヒットしてくれ。Kelly Clarksonのアルバムは前よりとっつきにくくなってました。と言いつつ僕は気に入っていますが。

11位: Gwen Stefani / 4 In The Morning
12位: Katharine McPhee / Love Story
13位: Ray Lavender / My Girl Gotta Girlfriend
14位: Amerie / Gotta Work
15位: M.I.A. / Boyz
16位: Mutya Buena / Real Girl
17位: Rihanna / Shut Up and Drive
18位: Cupid / Cupid Shuffle
19位: Eve feat. Sean Paul / Give It To You
20位: Keyshia Cole feat. Missy Elliott & Lil' Kim / Let It Go

4 in the MorningKatharine McPhee

シングルカットされたのでGwen姐さんの「4 In The Morning」を再評価中。良い曲なのに、地味なせいかあんまりヒットしてないなぁ…。Katharine McPheeってデビューアルバムが発売される前は結構話題になっていったのに、発売後はすぐにフェードアウトしちゃいましたね。「Love Story」はホーンでアゲアゲの2ndシングル。Ray LavenderはMySpaceからの拾い物。モロにT-Painみたいな曲です。歌詞はキワドイそうです。タイトル見たら大体分かりますね。Eveの新曲、Sean Paulが前に出すぎていてワロタw
スポンサーサイト
20:54 |  Personal Chart  | トラックバック(0)  | コメント(14) | Top↑
2007.07/27(Fri)

8/4付け The Billboard Hot 100

★Top10
 1   → (17) Plain White T's / Hey There Delilah [2 Weeks]
 2  ↑1 (14) Fergie / Big Girls Don't Cry
 3   ↓1  (15)  Rihanna feat. Jay-Z / Umbrella
 4  ↑1 ( 8) Timbaland feat. Keri Hilson (& D.O.E.) / The Way I Are
 5   ↓1  (14)  Shop Boyz / Party Like A Rockstar
 6 NEW (  ) High School Musical 2 Cast / What Time Is It
 7 NEW (  ) Akon / Sorry, Blame It On Me
 8  ↓1 ( 7) Hurricane Chris / A Bay Bay
 9   ↓3  (22)  T-Pain feat. Yung Joc / Buy U A Drank (Shawty Snappin')
10  ↓2 ( 8) T-Pain feat. Akon / Bartender


エヴリー・セカンド・カウンツBig Girls Don't Cryティンバランド・プレゼンツ・ショック・ヴァリュー(期間限定特別価格)

FergieTimbalandが追い上げを見せるも、Plain White T's2週連続1位。しかし来週はあの曲が1位になることでしょう。( ̄ー ̄)
[→Plain White T's / Hey There Delilah (Video)]
[→Fergie / Big Girls Don't Cry (Video)]
[→Timbaland / The Way I Are (Video)]


6位: High School Musical 2 Cast / What Time Is It
7位: Akon / Sorry, Blame It On Me


ハイスクール・ミュージカル2(DVD付)Sorry, Blame It On Me

Top10内に初登場が2曲。まず6位には、ディズニーチャンネル制作で最も成功したオリジナルムービー、『High School Musical』の曲が初登場。去年最も売れたアルバム(サントラ)である『High School Musical』の続編の『High School Musical 2』からの先行曲です。キャストは前作と同じながらも、今回は夏休みが舞台らしいです。あえて曲については触れません。
[→High School Musical 2 Cast / What Time Is It (Video)]

7位には飛ぶ鳥を落とす勢いのAkonが初登場。大ヒットアルバム『Konvicted』からの4thシングル、、、ではなくて、アルバム未収録の完全新曲です。彼の大ヒット曲「Lonely」を髣髴とさせるキラキラ哀愁系トラックですね。しかしこの曲は内容が凄い。彼が起こした様々なトラブルについて色々な人やもの(妻、息子、母、一緒にクラブで踊った15歳の少女、その父親、閉店に追い込まれたそのクラブ、Gwen Stefani、Gwenのツアー・スポンサーを降りたVerizon )に謝りたおした曲です。ゴシップですら自分の商売に繋げようとするとは、、、Akon恐るべし!
[→Akon / Sorry, Blame It On Me (Audio)]


★Top40圏内注目曲
11   ↓1  ( 9)  Fabolous feat. Ne-Yo / Make Me Better
12   ↑8  ( 6)  Plies feat. T-Pain / Shawty [★Greatest Gainer / AIRPLAY]
13   ↓2  ( 9)  T.I. / Big Things Poppin' (Do It)
15   ↑7  ( 7)  Rihanna / Shut Up and Drive [★Greatest Gainer / SALES]
17   ↑6  ( 4)  Aly & AJ / Potential Breakup Song
20   ↓1  (14)  Elliott Yamin / Wait For You

28 ↑19 ( 2) Soulja Boy / Crank That (Soulja Boy)
31   ↑6  (10)  Boys Like Girls / The Great Escape
36  ↑9 (11) Lifehouse / First Time
38   ↑3  (12)  Down aka Kilo / Lean Like A Cholo


28位: Soulja Boy / Crank That (Soulja Boy)
36位: Lifehouse / First Time


Crank ThatWho We Are

シカゴ生まれの17歳の男性ラッパー、Soulja Boyのデビュー曲が28位にランクイン。スチールドラムとスナップミュージックを組み合わせたらこんなん出来ました、ってな曲。スナップミュージックってまだまだ需要あるんですね。ラップの方は終始気だるい感じで「オーーー!」とか「ユーーー!」という掛け声が耳に残ります。毎週書いてて思うんですが、最近は中身のないラップミュージックのオンパレードだな…。
[→Soulja Boy / Crank That (Audio)]

3人組オルタナティヴ・ロックバンド、Lifehouse36位にランクイン。4thアルバム『Who We Are』からの1stシングルです。今まで以上にメロディが覚え易く口ずさみたくなるようなアップナンバー。ボーカルJasonの優しい声ともよくあっていて、とても爽やかな印象です。PVもカッコイイしこの曲好きだな。前作からは「You and Me」が62週にも及ぶ驚異的なロングヒットとなりましたが、この曲はどうなるでしょうか。
[→Lifehouse / First Time (Video)]
21:09 |  2007年 Billboard Chart  | トラックバック(0)  | コメント(18) | Top↑
2007.07/23(Mon)

音楽記事のゴッタ煮や~。

こんなにゴチャゴチャしちゃってすみません。でもキニシナイ。

UmbrellaBack to Black

Rihanna「Umbrella」がUKチャートで遂に10週連続1位を達成! これは1994年のWet Wet Wetの「Love Is All Around」以来の13年振りの快挙とのことです。さすがにここまでヒットするとは思わなかったな。おめでと~!
で、早くも3rdシングル「Don't Stop The Music」のPVが公開されました。[→音が悪いですがココで見れます。] (YouTubeはメンテナンスが多すぎるし、すぐに削除されちゃいますからね。) もうちょっとハジけたPVにして欲しかったですが、まぁ良しとしようw 更に、4thシングルは「Hate That I Love You feat. Ne-Yo」になる予定だという発言があったようです。展開早ぇ~!

・日本盤がありえないくらい遅い9月5日に発売されるAmy Winehouse。どういう風な宣伝で売ってくるのか注目していたところ、キャッチコピーが
「激女(ゲキオンナ) まさに女EMINEMだ!」
でした。誰がこんなの考えたんだw


グラデュエーション(期間限定特別価格)CurtisGo

Kanye WestのUSでのアルバムの発売日が9月11日に延期したって事は、50 Centのアルバムの発売日と激突するってことです! どっちが売れると思いますか? 僕はブラックミュージックファン以外からも支持者が多いKanyeに軍配が上がるんじゃないかと思っています。それとも、50 Centのヒットが欲しくて欲しくてたまらない気持ちがひしひしと伝わってくる先行曲、[→AYO Technology feat. Justin Timberlake & Timbaland]が大ヒットしてアルバムの売り上げにもつながるのでしょうか。そういえばEveはこの日に発売予定だったそうですが、この事態を恐れてか更に1週間延期した模様。

・延期と言えば、Marioのアルバムが10月9日に延期。あのねぇ~、曲がヒットしないからと言って、延期すれば解決すると思ったら大間違いでしょ。もう何の新鮮味もないですよ。かれこれ1年弱延期してるんじゃないの? どうしてブラックミュージックはこんなに延期が多いのか。


KT姐さん踊る踊る! 意図はよく分かりませんがおもしろい。
Drastic Fantastic


JDとJDのお父さん
さっすが~、どっちも個性的な顔でカワユイですね^^
お父さんよりも息子の方が背が低いだなんてさすがJDですね^^
JD
23:41 |  音楽ボヤキ  | トラックバック(0)  | コメント(18) | Top↑
2007.07/20(Fri)

Kanye West 『Graduation』のジャケットが決定 [訂正あり]

Graduation

クマー!
とてもラッパーのジャケット写真だとは思えないw

アメリカでの発売日が9月11日に延期。日本でも8月22日 9月5日に延期らしいです。
18:28 |  音楽ボヤキ  | トラックバック(0)  | コメント(16) | Top↑
2007.07/19(Thu)

7/28付け The Billboard Hot 100

今週は早めに頑張っちゃいました。

★Top10
 1 ↑1 (16) Plain White T's / Hey There Delilah [1 Week]
 2  ↓1  (14)  Rihanna feat. Jay-Z / Umbrella
 3   →  (13)  Fergie / Big Girls Don't Cry
 4   →  (13)  Shop Boyz / Party Like A Rockstar
 5 ↑1 ( 7) Timbaland feat. Keri Hilson (& D.O.E.) / The Way I Are
 6  ↓1  (21)  T-Pain feat. Yung Joc / Buy U A Drank (Shawty Snappin')
 7 ↑1 ( 6) Hurricane Chris / A Bay Bay
 8 ↑2 ( 7) T-Pain feat. Akon / Bartender [★Greatest Gainer / AIRPLAY]
 9  ↓2  (15)  Maroon 5 / Makes Me Wonder
10 ↑1 ( 8) Fabolous feat. Ne-Yo / Make Me Better


エヴリー・セカンド・カウンツエピファニー(2ヶ月間限定スペシャル・プライス)フロム・ノッシン・トゥ・サムシン

Rihannaの連続1位記録を阻止したのはPlain White T's。こういう「王道的な良い曲」が1位を獲得するのは久々じゃないでしょうか。と言いつつ僕は別に好きでも何でもないですが、とにかくおめでとうございま~すw この次にカットする曲がヒットするかどうかがバンドの将来に関わってきそうですね。T-Painが「Greatest Gainer / AIRPLAY」を獲得。これもTop3入りくらいは楽勝っぽいなぁ。Fabolousが再Top10入り。

Video:[→Plain White T's / Hey There Delilah]
Video:[→T-Pain / Bartender]
Video:[→Fabolous / Make Me Better]


★Top40圏内注目曲
17   ↑4  ( 8)  Sean Kingston / Beautiful Girls
19   ↑3  (13)  Elliott Yamin / Wait For You
20 ↑49 ( 5) Plies feat. T-Pain / Shawty

22  ↑12  ( 6)  Rihanna / Shut Up and Drive
23 ↑25 ( 3) Aly & AJ / Potential Breakup Song [★Greatest Gainer / SALES]
29   ↑4  ( 7)  Kat DeLuna feat. Elephant Man / Whine Up
30   ↑5  (12)  Yung Berg feat. Junior / Sexy Lady
32   ↑4  (10)  MIMS / Like This
37   ↑5  ( 9)  Boys Like Girls / The Great Escape
40  ↑1 (19) Taylor Swift / Teardrops On My Guitar


「日本ではほとんど馴染みが無い」という以外には全く共通点が無さそうな下の3組がTop40入り。

20位: Plies feat. T-Pain / Shawty
23位: Aly & AJ / Potential Breakup Song
40位: Taylor Swift / Teardrops On My Guitar


The Real TestamentInsomniaticTaylor Swift

フロリダ生まれの男性ラッパーPliesがダウンロード解禁により20位にランクアップ。デビューアルバム『The Real Testament』からの先行曲です。スムースで美しいシンセ使いのトラックと、フックでのT-Painお決まりのヴォコーダーボイスが光る一曲。聞いていてとても心地良いのでヒットするのは納得です。でもな~、T-Painのキャラが立ちすぎて肝心のPliesの印象はとても薄い。今年に入ってヒットを連発している新人ラッパー達との違いが全然分かりません。それにしてもジャケット写真が気持ち悪いぞw
Video:[→Plies / Shawty]

ディズニー・チャンネル出身の姉妹ティーン・ポップデュオ、Aly & AJ23位にランクイン。アルバム『Insomniatic』(日本盤は10月3日発売予定)からの先行曲です。この曲で彼女達の過去最高位(「Chemicals React」、50位)を更新しました。YouTubeでこのPVへのアクセスが既に100万件以上もあり、かなり話題にはなっていたそうですが別に興味も無いので軽い気持ちで曲を聞いてみた。…意外と良く出来ていた上に完全に自分好みなので目から鱗が落ちましたw ていうかもう、イントロでやられた。80年代エレクトロポップなノリ全開で彼女らも一部でヴォコーダー使ってます。時代は繰り返すのか? これを全部自分達でやっているらしいので侮れません。
Video:[→Aly & AJ / Potential Breakup Song]

17歳の女性カントリーシンガーTaylor Swift40位にランクイン。随分と長い間40位台前半でウロウロしていたので気になっていました。現在約100万枚を売り上げ絶好調のデビューアルバム、『Taylor Swift』からの2ndシングル。片思いのみで叶わない恋を描いた、17歳らしいとても切なく美しいバラード曲です。(PVではとても17歳には見えないくらいに大人っぽいですが!)カントリー界のアイドルと言った位置付けでこれからも頑張ってくれそうな気がします。
Video:[→Taylor Swift / Teardrops On My Guitar]
20:54 |  2007年 Billboard Chart  | トラックバック(0)  | コメント(14) | Top↑
2007.07/17(Tue)

J. Holiday / Bed

J. Holiday
[→コッチでも聞けます]

な~んて美しい曲だ! R&BシンガーJ. Holidayのデビューアルバム『Back of My Lac』(10月2日発売予定)からの2ndシングルです。実はこの曲の前に[→Be With Me]という曲があり、そちらはヒットに恵まれずにアルバムがず~っと延期している状態なのですが、この曲ではヒットしてくれると信じています! 一貫して繰り返される低音のリズムが心地良い上に、清涼感溢れるトラックが最高です。サビでOmarionの「Ice Box」バリのシンセの波が押し寄せるところなんて、曲の構成的にも大好き! 声はNe-Yoっぽい感じの高音に伸びがある爽やか系で、幅広い人にも受け入れられそう。でもNe-Yoとの違いは、「Bed」っていう直球曲でもPVの方はとても爽やかでかわいらしいものに仕上げてくれたことですね。Ne-Yoもこれくらいのことしろっつーの。

[追記]
iTunes Storeで買って聞いてみた。PVでは途中で終わってますが、アウトロにエレキギター使っててむちゃくちゃかっこいいです! ますますこの曲のことを好きになりました。これからも彼のことを応援していきたいと思います!!!
00:01 |  音楽ボヤキ  | トラックバック(0)  | コメント(6) | Top↑
2007.07/16(Mon)

Dima Bilan / Number One Fan

Dima Bilan

ロシアで大人気の男性シンガー、Dima Blianの新曲です。なんでそんな人をわざわざ紹介するのかと言うと、「produced by Timbaland」だからです。(このエレクトロっぷりは、おそらくDanjaも関わってると思いますが。)しかもこの曲以外にも多くの曲をプロデュースしてもらって、今年の終わりごろにアルバムを発売予定とのことなので、心の隅に少しだけ留めておきたいと思います。曲に関しては、モロに最近のTimbalandサウンドで微笑ましいですw 「The Way I Are」とかのアレンジ版みたい。

こういう風に、「困った時はTimbaland!」っていう音楽界の流れもどうかとは思うんですけど、結局こうして取り上げちゃってるわけだから向こうの思うツボなんだろうな~。
23:32 |  音楽ボヤキ  | トラックバック(0)  | コメント(6) | Top↑
2007.07/16(Mon)

調子に乗って2007年上半期ベスト選考

なんとなくやってみたかっただけ。ただのメモ書きです。

[アルバム]
1. P!nk / I'm Not Dead
2. 宇多田ヒカル / ULTRA BLUE
3. Rihanna / Good Girl Gone Bad
4. Dizzee Rascal / Maths + English
5. Lemar / Truth About Love
6. KT Tunstall / Eye to the Telescope
7. Robert Randolph & The Family Band / Colorblind
8. Ciara / Ciara : The Evolution
9. 安室奈美恵 / PLAY
10. Timbaland / Timbaland presents Shock Value

アイム・ノット・デッドULTRA BLUEグッド・ガール・ゴーン・バッド(期間限定特別価格)

と、一応ノリで作っては見たものの、明日になればまた気分が変わるのかもしれないですが…w こういうのって流動的なものだからしょうがないのかもしれませんけどね~。1位のP!nkと8位のCiaraは去年に引き続きランクイン。特にP!nkは今年になってから本格的にハマってしまい、「ファン→大ファン」へと進化してしまいましたw 宇多田ヒカルのアルバムって今年になってから買ったのですが、やっぱりこの人は只者ではないなと思い知らされました。Rihannaの「Good Girl Gone Bad」はとにかくよく出来たPopアルバムだと思います。でもな~、今年の音楽業界は全体的に見てちょっと不作なような気がするんですが、どうでしょうか…。下半期に期待します。


[シングル]
1. P!nk / U + Ur Hand
2. Ciara / Like A Boy
3. Rihanna feat. Jay-Z / Umbrella
4. Diddy feat. Keyshia Cole / Last Night
5. Nas feat. Chrisette Michele / Can't Forget About You
6. Justin Timberlake / Summer Love
7. Fergie feat. Ludacris / Glamorous
8. Gwen Stefani feat. Akon / The Sweet Escape
9. Timbaland feat. Keri Hilson & D.O.E. / The Way I Are
10. Robert Randolph & The Family Band / Thrill Of It

U & Ur HandLike a BoyUmbrella

「お前どんだけP!nk好きやねん!」と言われそうですが、再生回数的に考えると1位はこれ以外にありえないですもん! Ciaraの「Like A Boy」がヒットしなかったのには未だに恨んでますからね(つД`) こうやって見てみると「~ feat. ~」っていう曲が多いなぁ。おしまい。
00:30 |  年間ベスト選考  | トラックバック(0)  | コメント(14) | Top↑
2007.07/13(Fri)

7/21付け The Billboard Hot 100

★Top10
 1   →  (13)  Rihanna feat. Jay-Z / Umbrella [7 Weeks]
 2 ↑1 (15) Plain White T's / Hey There Delilah
 3 ↑1 (12) Fergie / Big Girls Don't Cry
 4  ↓2  (12)  Shop Boyz / Party Like A Rockstar
 5   →  (20)  T-Pain feat. Yung Joc / Buy U A Drank (Shawty Snappin')
 6  → ( 6) Timbaland feat. Keri Hilson (& D.O.E.) / The Way I Are
 7   →  (14)  Maroon 5 / Makes Me Wonder
 8 ↑5 ( 5) Hurricane Chris / A Bay Bay
 9 ↑2 ( 7) T.I. / Big Things Poppin' (Do It)
10 ↑4 ( 6) T-Pain feat. Akon / Bartender


UmbrellaHurricane ChrisT.I.  vs  TIPエピファニー(2ヶ月間限定スペシャル・プライス)

なんとRihannaが7週連続1位! 2位にPlain White T's、3位にFergieが順調にランクアップしています。この上位3曲が現段階では鉄壁のような存在で、来週はどれが1位になってもおかしくはないと思います。今週は「エイベイベイ」T.I.T-PainがTop10内にランクインしました! 「エイベイベイ」の人(Hurricane Chris)は未だにアルバムの発売日が未定なので、自ら一発屋街道を進んでいる気がするんですが…。T.I.のTop10入りは「What You Know」(最高3位、2006年)以来。T-PainはTop10内に2曲もランクインするという形になりました。

Video:[→Rihanna / Umbrella]
Video:[→Plain White T's / Hey There Delilah]
Video:[→Fergie / Big Girls Don't Cry]
Video:[→Hurricane Chris / A Bay Bay]
Video:[→T.I. / Big Things Poppin']
Video:[→T-Pain / Bartender]


★Top40圏内注目曲
11   ↑1  ( 7)  Fabolous feat. Ne-Yo / Makes Me Better [★Greatest Gainer / AIRPLAY]
14  ↑10  (14)  Linkin Park / What I've Done [★Greatest Gainer / SALES]

21   ↑9  ( 7)  Sean Kingston / Beautiful Girls
22   ↑4  (12)  Elliott Yamin / Wait For You
26   ↑8  (22)  Nickelback / Rockstar
28   ↑4  ( 9)  R. Kelly duet with Usher / Same Girl
30 ↑20 (16) Kelly Rowland feat. Eve / Like This
33   ↑7  ( 6)  Kat DeLuna feat. Elephant Man / Whine Up
34   ↑5  ( 5)  Rihanna / Shut Up and Drive
35 ↑11 (11) Yung Berg feat. Junior / Sexy Lady
36 ↑13 ( 9) MIMS / Like This


Fabolousが2回目の「Greatest Gainer / AIRPLAY」を獲得。Linkin Parkが今頃ダウンロードセールスを伸ばしました。なんで? 2ndシングルは「Bleed It Out」に正式決定らしいです。確かにあの曲をカットするのが無難でしょうね。Sean Kingstonは今ダウンロードを解禁したら1位は確実なのになぁ。

30位: Kelly Rowland feat. Eve / Like This
35位: Yung Berg feat. Junior / Sexy Lady
36位: MIMS / Like This


ミス・ケリーAlmost Famous EPミュージック・イズ・マイ・セイビアー・スペシャル・エディション


アルバム発売により元Destiny's ChildのKelly Rowland30位にランクアップ。2ndアルバム『Ms. Kelly』からの1stシングルです。ソロ曲としては「Stole」(最高位27位、2002年)以来のTop40入りとなります。Polow Da Donプロデュースのパーカッションを多用した現行的トラックで最後までグイグイと押し切るミッド・ナンバー。サビをラップ調にしているというところが一風変わっています。一回聞いてハマるかどうかと言うよりは、聞けば聞くほど癖になるスルメソングでしょうか。客演のEveが結構良い仕事をしてくれています。
Video:[→Kelly Rowland / Like This]

21歳の男性ラッパーYung Berg35位にランクイン。デビューEP『Almost Famous EP』からの曲です。(デビューアルバム『Look What You Made Me』の発売日は未定。)Kanye Westも「Diamonds from Sierra Leone」で使っていた「Diamonds Are Forever」をイントロに使っています。Lil' Wayneに似たネットリとした声で歌うようにラップするYung Berg、それに誰だか全然知りませんが、かなり美声の男性シンガーJunior(←もうちょっと名前を考えようよ…。)もメロウなトラックによく合ったなかなかの一曲。
Video:[→Yung Berg / Sexy Lady]

36位に「This Is Why I'm Hot」がデビュー曲にして2週連続1位という特大ヒットを放ったラッパーのMIMSがランクイン(今頃気づいたんですが、正式には大文字で「MIMS」なんですね)。アルバム『Music Is My Savior』からの2ndシングルです。とりあえずこの曲もまずまずヒットしているので一発屋ではなくなりましたね。相変わらず力が抜けるような声のラップですが、トラックの方はシンセに加えて時折魅せる豪快な音使い(ドラとか)もあるし、なかなかかっこいいと思います。「This Is ~」よりコッチの方が良いって言う人も多いんじゃないかなぁ? そういえば来日するそうですよ。
Video:[→MIMS / Like This]
15:42 |  2007年 Billboard Chart  | トラックバック(0)  | コメント(18) | Top↑
2007.07/12(Thu)

Nelly Furtado feat. Missy Elliott / Do It (Remix)

忙しくてあんまり更新できてなくてすみません。
久々にNelly Furtadoの情報です。他の国では大ヒットしたのに、アメリカではこれっぽっちもヒットしなかった「All Good Things」に続く5thシングルになるかもしれない(?)「Do It」のRemixが公開されました。
[→ココで聞いてね。]

元々、十分にヒットを狙えそうな曲ではありましたが、RemixにMissy Elliottを持ってくるとは驚き! そしてどんな曲調にもピッタリとハマるMissy姐さんにはさすがの一言です。そういえばこの曲のパクリ騒動はどうなったんだ…。まぁ別にどうでもいいけどね~。

あ、いつの間にかドイツでこんなん出てた↓
Loose

Looseルース

他のと並べてみるとなんか綺麗。

そんだけ~。
03:31 |  音楽ボヤキ  | トラックバック(0)  | コメント(10) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。