--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.01/04(Fri)

Best of 2007 -アルバム部門 10位→1位

それではもったいぶっていても仕方がないので、
続いてアルバム部門の10位→1位です。


10位: Sugababes / Taller In More Ways

Taller in More WaysSugababesの1コ前のアルバム、つまり4thアルバムです。ただ単純に「Pop」という一言では片付けられない独特な空気感をもった曲を歌う彼女らですが、それはシングル曲だけに限ったものではないということがよく分かりました。クールな中にもキャッチーさがあって、上質な曲ばかりです。こういう曲を歌うグループって他の国にはなかなか居ないでしょうね。現在発売中の5thアルバムもそうですが、なんで日本盤が出ないのかなぁ…。
[→Red Dress] [→Push The Button]


9位: P!nk / I'm Not Dead

アイム・ノット・デッドなんと、2006年の7位に選んだアルバムが2007年のランキングにもTop10入り。それもそのはず、2007年の前半に一時期狂ったように聞いていました。いやぁ、本当によく聞きました。ディスクに傷が付くんじゃないかって思うくらいに。「U + Ur Hand」と「Who Knew」がビルボードで遅咲きの大ヒットになったことが、ここまでよく聞いた一番の理由なんですけどね。RockなんだけどPopに通じるキャッチーさがあり、それぞれの曲にはきちんと彼女の主張もついてくるというパワフルなアルバムでした。
[→Leave Me Alone] [→Nobody Knows]


8位: 宇多田ヒカル / ULTRA BLUE

ULTRA BLUE10位から3つ連続で2007年発売のアルバムじゃないってのもどうなのよ?って気もしますが、ハマッたことは事実なのでしょうがないですね。唯一、邦楽でデビューアルバムから全て持っているアーティスト(Utada名義は除く。)です。このアルバム用に先行シングルとして発表されていた曲はどれも難解であまりハマれなかったのでスルーしていたんですが、遅ればせながら2007年になって買ってみてビックリ! シングル曲以上に良い曲ばっかり収録されているんですもん。むしろアルバム曲の出来が良すぎて、シングル曲が霞んでますよ。Popやエレクトロのエッセンスを散りばめた独特な宇多田ヒカルワールドへ一気に引き込まれます。「やっぱり宇多田ヒカル大好き!」と自信を持って言いたくなるような魅力溢れるアルバムでした。
[→This Is Love] [→BLUE]


7位: M.I.A. / KALA

カラ KALAこのアルバムのおかげで少しでもM.I.A.の知名度が上がってくれて嬉しかったです。ジャケットからして溢れ出んばかりの強烈な個性をもった曲がズラーッと収録されています。それだけに何回も聞くのにはパワーを消費しますが、良いんです、それがM.I.A.という人だから。
[→Paper Planes] [→Jimmy]


6位: Cupid / Time For A Change

Time for a Change個人的には2007年最大の掘り出し物アルバムでした。90年代風ミッド・90年代風バラード・流行りのヴォコーダー使い・流行りのシンセ使い・流行りのスナップ使いの曲までありとあらゆるタイプの曲を収録しながらも流れはスムースで、非常にさっぱりとまとめられています。自己紹介がてらのメジャー・デビューアルバムにしてはあまりにもよく出来すぎていたR&Bアルバムでした。「Say Yes」は名曲!
[→Say Yes] [→Cupid Shuffle]


5位: Rihanna / Good Girl Gone Bad

グッド・ガール・ゴーン・バッド2007年は完全にRihannaの年でした。そう言っても過言ではないのは、「Umbrella」の大ヒットだけには終わらずに、アルバムの方も非常によく出来ていたからです。どれをシングルカットしてもOKという驚異的なPop/R&Bアルバム。一曲ごとにバラバラなようで、アルバムとして考えてみると意外とまとまりを感じられるという不思議な魅力のあるアルバムでした。アルバム3枚にして全てを出し切ったような気もするんですが、今後はどういった曲を歌っていくつもりなんでしょうか?
[→Don't Stop The Music] [→Breakin' Dishes]


4位: Paramore / RIOT!

ライオット!特別何か変わったことをしてるのかと言えばそうでもない。では、ボーカルの声に特徴があるのかと言えばそうでもない。このアルバムを好きな理由は、「聞きやすさ」と「若さ溢れる疾走感」だけです。それだけの理由でも何度も繰り返して聞いてしまうのは、やっぱり好きな証拠なんでしょうね。
[→crushcrushcrush] [→Hallelujah]


3位: Kelly Clarkson / My December

マイ・ディセンバーこのアルバムはKelly Clarksonの意欲作です。おそらく本人も売れるかどうかなんて気にせずにつくったんじゃないでしょうか。それだけに前作のようなコマーシャル的要素はほとんどなく、堅実なロックナンバーや壮大なバラードが収録されています。でも個人的には、流れや統一性の点から考えて前作を軽く越えるほどに出来の良いアルバムだと思っています。聞くごとに味わいが出てくるスルメアルバムですね。「Never Again」以降全くシングルヒットが出ていませんが、それも当然。だって、シングルカットすらさせてもらえていない状況なんですから。このアルバムの発売にあたって生じた事務所とのギクシャクした関係が、アルバム発売後も修復には至っていないのかもしれません。
[→How I Feel] [→Don't Waste Your Time]


2位: Dizzee Rascal / Maths + English

マス・アンド・イングリッシュ基本的にCDを聞きながら一緒に歌えるようなアルバムが好きなのですが、この人だけは別格。毎度毎度クオリティの高いアルバムを出してくれて本当に頭が下がります。今回も基本はグライム(UKガラージとラップが融合した音楽ジャンル)でありながらも、その幅を広げるべくしてArctic MonkeysやLily Allenといったゲストを呼び、RockやPopの要素までも取り込んだ意欲作でした。まぁ、何をやろうが彼の個性的なマシンガン・ラップがある限り、軸がぶれることは絶対にありえないんですけどね。そこが魅力です。
[→Old Skool] [→Sirens]



1位はまさかの。。。
スポンサーサイト
01:36 |  年間ベスト選考  | トラックバック(0)  | コメント(12) | Top↑
2008.01/03(Thu)

Best of 2007 -アルバム部門 20位→11位

みなさんあけましておめでとうございます(´∇`)
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

さて、自己満ランキング、続いてはアルバム部門です。
2007年は新旧合わせて40枚弱のアルバムを買いました。2006年のときの約2倍ですね。
最初に言っておきますが、「2007年に自分がどれだけ気に入って聞いていたか」という点に重みをおいてランキングを付けています。だから、「あのアルバムがこの順位だなんてありえねー!!!(゚Д゚)」なんてことは言いっこなしでお願いします。また、2007年以前に発売されたアルバムも普通に入れていますので。

ではどうぞ↓


20位: Keyshia Cole / Just Like You
ジャスト・ライク・ユー(期間限定特別低価格)なんか凄い評判良いですよね。確かに全部良い曲です。が、どうしても後半がバラバラに感じてあまり聞く気になれない…。元々男性R&Bに比べたら女性R&Bの方はあんまり聞かないし、もしかしたら期待しすぎていたってこともあるのかもしれないけれど。
[→I Remember] [→Shoulda Let You Go]


19位: Craig David / Trust Me
トラスト・ミー今でもファンです。このアルバムにも大好きな曲がいくつかあります。それでも僕から言わせたら、今回のアルバムは今までの彼の中では最低だと思います。色々なことに手を出しすぎて、全体的には中途半端な印象を受けました。「昔のCraigに戻れ!」と言うつもりは全くないですが、もう少しコンセプトを持ったアルバムにして欲しかったです。
[→This Is The Girl] [→Hot Stuff]


18位: Timbaland / Timbaland presents: Shock Value
ティンバランド・プレゼンツ・ショック・ヴァリュー完全なるオムニバス・アルバム。頻繁に聞く大好きな曲とほとんど聞かない曲が全部ごちゃ混ぜなので、今となってはなかなか通して聞く気にはなれないアルバムです。それでも、脂の乗り切った状態の彼が今やりたいことを全部やったんだろうから、アルバムの方向性としては間違ってないと思います。
[→Scream] [→Throw It On Me]


17位: Gwen Stefani / The Sweet Escape
スウィート・エスケイプ(限定特別価格)ひねくれながらも上質な曲を揃えた1stアルバムからは一転、ただ単に奇妙で変なだけの曲から、ものすごく直球なバラードまでを揃えたおもちゃ箱のようなアルバムがこの2ndアルバム。最初はあまりにも能天気な内容に面食らいましたが、聞いていて楽しいことは確かだし、今となっては結構気に入っていたりします。
[→Early Winter] [→Wind It Up]


16位: Ciara / Ciara: The Evolution
シアラ:エヴォリューション2006年の年間1位に選んだアルバム。2007年の前半にはまだまだよく聞いていたのでランクインです。Ciaraの魅力満載の本当によく出来たアルバムなので、もっとたくさんの人に聞いてもらいたいです。
[→That's Right] [→Promise]


15位: Kylie Minogue / X
X(期間限定スペシャル・プライス)このアルバムね~、正直どういう風に評価したら良いのかよく分からないんですよね…。色々なタイプの曲を揃えた気持ちの良いダンス・ポップアルバムで、特に文句を付けるところはないです。よく聞いてるし、普通に良いアルバム。でもな~、Kylieにはネクスト・レベルを期待していたので、若干肩透かしを食らった印象があったことも否定できないんですよね。そういう意味でこの順位にしました。
[→Wow] [→2 Hearts]


14位: Goose / Bring It On
Bring It OnGooseは去年のサマソニにも来ていたエレクトロ・ロックバンドです。こういう系統のアルバムって初めて買ったのでクオリティが高いのかどうかなんて全然分かりませんが、少なくとも衝撃は受けました。脳天を突き抜けるようなサウンドが目白押しのかっこいいアルバム。少々荒削りっぽい部分もあるので、これからの進化に期待したいです。
[→Black Groves] [→Bring It On]


13位: KT Tunstall / Eye to the Telescope
アイ・トゥ・ザ・テレスコープKT Tunstallの1stアルバム。アコースティック・ギターの穏やかなサウンドもたまには良いなぁと思わせてくれたアルバムで、2007年の前半によく聞いていました。こうやって書いてたらまた聞きたくなってきたかも。ちなみに、2ndアルバムはRock色が若干強くなって個人的にはイマイチでした。
[→Other Side of the World] [→Black Horse & the Cherry Tree]


12位: Lemar / The Truth About Love
ザ・トゥルース・アバウト・ラヴUK盤Jaheimと言っても過言ではないR&Bシンガー、Lemarの3rdアルバム。特にプロモーションされることもなく日本盤は2007年に発売されました。オールド・ソウルまっしぐらなアルバムで、目新しさはないものの本当に安心して聞ける美しいアルバム。初めて聞いたときにはちょっとした感動がありました。少し前の自分だったら確実にTop10に入れてたと思うんですが、なにせ今はPopとRockに好みが傾いてきているのでこの順位です。
[→It's Not That Easy] [→Tick Tock (Remix)]


11位: Omarion / 21
21これあんまり良い評判聞かないんですけど、僕は結構気に入ってるんですよね。いまどきなシンセブリブリ曲からオーソドックスなタイプの曲まで網羅していて、案外幅広くて味わい深いアルバムだと思うんだけどなぁ。一年を通してちょくちょく聞いていたアルバムでした。
[→Entourage] [→Ice Box]



10位→1位はまた後日に。
02:26 |  年間ベスト選考  | トラックバック(0)  | コメント(4) | Top↑
2007.12/31(Mon)

Best of 2007 -シングル部門 10位→1位

最近にしては珍しく3日連続更新です。
昨日に引き続いて、今日は10位から1位までを発表したいと思います。



10位: Chrisette Michele / Best Of Me

アイ・アム(期間限定特別価格)アコギの音に彼女の声がとてもよくマッチしていて癒されるわぁ。本当に味があるし、彼女の声は大好きです。前に歌詞まで調べて、結構切ない曲だということが分かりました。まだアルバムは買っていないのでその内に買う予定。
[→Video]


9位: Diddy / Last Night (Radio Edit) (feat. Keyshia Cole)

Last Nightそんなに気にしていなかったKeyshia Coleへの興味を一気に高めてくれてのがこの曲。Mario Winansさん、80年代風なこのシンセの使い方は卑怯すぎますよ! 最初の内はDiddyのナヨ声は要らないんじゃないかと思っていましたが、今となれば、力強い声のKeyshia Coleとの対比もこの曲の面白みなのかなぁと考えられるようになりました。
[→Video (Radio Edit)]


8位: P!nk / Who Knew

Who Knew, Pt. 2一時期狂ったようにこの曲ばっかり聞いていたので、再生回数で言うとこの曲が今年の1位です。ようやくビルボードでもヒットしてくれて本当に嬉しかった! この調子で今後もパワーを見せつけてやって欲しいです。
[→Video]


7位: Sterling Simms / Nasty Girl

Sterling Simmsこの曲はだいぶ前に紹介しましたが、それ以降全くアルバムを発売する気配なし…。(つい最近になって新曲が発表されましたが。) ていうか、iTunes Storeにすら売られていない時点でDef Jamやる気あんの?って感じです。モロにMichael Jacksonっぽいですが、トラックもシンプルなVideoも声も本当に自分好みでした。しかも、これもStargateプロデュースだと聞いて度肝を抜かれました。
[→Video]


6位: Keyshia Cole / Let It Go (Extended Version) (feat. Missy Elliott & Lil Kim)

Let It Go最初は「結構期待してたのにまた地味な曲を…。」というマイナスの印象から始まったんですが、聞けば聞くほどどんどん好きになっていった曲でした。自分の中でKeyshiaの評価が更に高まった上に、Missy Elliottはやはり只者ではないと感じさせられました。そして、Keyshiaの歌やLil KimのラップがカットされていないExtended Versionの方がどう考えても好き。
[→Video (Album Version)]
[→Audio (Extended Version)]


5位: Nas / Can't Forget About You (feat. Chrisette Michele)

ヒップホップ・イズ・デッド(限定特別価格)これもテレビでMusic Videoを見て一目惚れ。とにかく渋い! かっこいい! あまりに魅せられすぎてアルバムまで購入しちゃいましたからね。Chrisette Micheleの存在を知ったのもこの曲のおかげでした。こういう曲までプロデュース出来るwill.i.amも大したもの。
[→Video]


4位: Ciara / Like A Boy

Like a Boyアルバム発売当初から「この曲はむちゃくちゃヤバイ!」と言い続けてきた一曲。それだけに是非大ヒットして欲しかったのに、結果的には中途半端なヒットに終わりました。確かにシングルとしては地味かもしれないけれど、この曲の完成度の高さやかっこよさを理解してくれないとはガッカリもいいところでした。
[→Video (Video Version)]


3位: Aly & AJ / Potential Breakup Song

Potential Break Up Song全く予想もしなかった人達の曲にハマってしまいました。Aly & AJなんて今まで気にかけたことすらなかったのに…。この一曲だけで70年代、80年代シンセポップをたっぷり堪能できるという素晴らしい曲。「今は21世紀ですよ、お嬢ちゃん達www」なんて思う人は、せいぜいSoulja Boyの踊りでも踊って、現代の感覚にでも浸っておいてくださ~い。
[→Video]


2位: Timbaland / The Way I Are (feat. Keri Hilson & D.O.E.)

Way I Are好き。ただそれだけが理由です。だって本当に好きだし。うん、好き。これもアルバム発売当初からのヘビロテ曲で未だに普通に聞いてます。Timbaland & Danjaがやりたかった曲の完成形がこれだと思う。こういうサウンドがいつまで世間に受け入れられるかが鍵ですね。あのNeptunesですら、最近は新鮮味が薄まってパッとしないんですから。あとは、Keri Hilsonのデビューがすんなりと運んでいくのかにも注目したいです。
[→Video (Video Version)]




そして1位は。。。(無駄に引っ張る)
01:46 |  年間ベスト選考  | トラックバック(0)  | コメント(14) | Top↑
2007.12/30(Sun)

Best of 2007 -シングル部門 20位→11位

去年もやりましたが今年もやります。「やるな」と言われてもやります。(←これも去年言った。)
今年はジャンルも何もかもごちゃ混ぜでやります。なにをやるのかと言うと、僕が今年1年の中で気に入ったシングル曲のみをカウントダウン形式で20曲並べて発表します。1アーティスト1曲にしたかったので、複数曲ある場合はそのアーティストの中で最も気に入った曲のみをランクインさせました。

それでは見たい方だけどうぞ↓


20位: Justin Timberlake / Summer Love
Summer Loveまだまだ夏までは遠い今年の前半にかなり聞いた記憶があります。あからさまに単純なループトラックが中毒性高し。またサビのキャッチーなこと! アメリカのみでのシングルカットの為、結局最後までMusic Videoをつくってくれなかったことがとても悔やまれます。踊りまくるJustinが見たかったなぁ。
[→Audio]


19位: Nelly Furtado / Say It Right
Say It RightうちのBlogのタイトルですw ブログのタイトルにしている割には、実は大大大好きっていうわけでもないんです。ただ、ふとした時についつい聞いてしまうという不思議な魔力のある曲ですね。今でも全く飽きていません。
[→Video]


18位: Jupiter Rising / Electropop
Electropopシンセ・ポップ版Nelly Furtadoの「Promiscuous」という印象のこの曲。実はJ.R. Rotemプロデュースなんですよ。もうちょっと話題になるのかと思いきや、あっさりスルーされて悲しい。今後の期待の意味を込めてアルバムも買ったっけど、そちらはFergieやGwenの中途半端なモノマネのような曲ばっかりでイマイチでした。でもこれは良い曲!
[→Video]


17位: Gwen Stefani / The Sweet Escape (feat. Akon)
Sweet Escapeこの曲は確か、最初に聞いた時点ではそんなに好きな曲じゃなかった記憶があります。ただ、ひたすらPopで可愛らしいVideoの世界観を見て印象がコロッと変わりました。Akon関連の曲がたくさんランクインしていた中で、唯一素直に良いと思えた曲でした。
[→Video]


16位: Paramore / Misery Business
Misery Business再生数から考えるともうちょっと上にしても良かったんだけど、まぁいっか。この曲に関しては「ロックの要素が色濃く出たAvril Lavigneのような曲」という表現の仕方でも構わないと思います。それだけキャッチーで聞きやすいという褒め言葉です。
[→Video]


15位: Musiq Soulchild / Teachme
ラヴアンミュージック(初回限定盤)テレビで偶然見かけた美しいMusic Videoに一目ぼれした曲です。しかも曲自体も美しいと来れば自ずとはまってしまう訳で。感情抑え目で淡々とした展開が逆に切なさを煽ります。
[→Video]


14位: Fergie / Glamorous (feat. Ludacris)
Glamorousアルバム発売当初から好きだった曲で、ビルボードでも1位をとってくれて嬉しかったです。こういう抑え目なボーカルも彼女は似合いますね。Ludacrisが曲に超自然に溶け込んでいるところもポイント高し。
[→Video]


13位: J. Holiday / Bed
Bedヒットしましたね。ホントに予想以上にヒットしましたね。あれ、あまりにも色々なところで聞きすぎて書くことないです…w 今年の流行りを抑えた楽曲のつくり、嫌味のない声、独特な雰囲気をもったルックス、全ての相乗効果でここまでヒットしたんでしょうね。
[→Video]


12位: Kelis / Lil Star (feat. Cee-Lo)
Lil Star, Pt. 1
既に懐かしいです、この曲。初めて聞いたときに自然と笑顔になりました。2人のボーカルもよく合っているし、本当に心暖まる一曲に仕上がっていると思います。UKでは自身の代表曲である「Milkshake」に次ぐ大ヒットを記録するも、アルバムは売れずに事務所を解雇されてしまいました。かわいそうだなぁ。そういう自分もアルバム買ってないですけど…。
[→Video (Radio Edit)]


11位: M.I.A. / Boyz
Boyzこれももっと上にしても良かったんだけどなぁ。まぁいいや…。とにかくインパクト絶大。アルバムへの期待感を大きく膨らましてくれた一曲でした。やっぱりM.I.A.は奇人変人な天才だよ。来日ライブでむちゃくちゃ盛り上がったことを思い出します。
[→Video]




続いて10位から1位!、、、と書くつもりだったんですが、
悩みまくったので自分の予想以上に記事を書くのに時間がかかってしまいました。
なので今日はひとまずここで終わります。次もよければ見てくださいね(´∇`)
01:14 |  年間ベスト選考  | トラックバック(0)  | コメント(8) | Top↑
2007.07/16(Mon)

調子に乗って2007年上半期ベスト選考

なんとなくやってみたかっただけ。ただのメモ書きです。

[アルバム]
1. P!nk / I'm Not Dead
2. 宇多田ヒカル / ULTRA BLUE
3. Rihanna / Good Girl Gone Bad
4. Dizzee Rascal / Maths + English
5. Lemar / Truth About Love
6. KT Tunstall / Eye to the Telescope
7. Robert Randolph & The Family Band / Colorblind
8. Ciara / Ciara : The Evolution
9. 安室奈美恵 / PLAY
10. Timbaland / Timbaland presents Shock Value

アイム・ノット・デッドULTRA BLUEグッド・ガール・ゴーン・バッド(期間限定特別価格)

と、一応ノリで作っては見たものの、明日になればまた気分が変わるのかもしれないですが…w こういうのって流動的なものだからしょうがないのかもしれませんけどね~。1位のP!nkと8位のCiaraは去年に引き続きランクイン。特にP!nkは今年になってから本格的にハマってしまい、「ファン→大ファン」へと進化してしまいましたw 宇多田ヒカルのアルバムって今年になってから買ったのですが、やっぱりこの人は只者ではないなと思い知らされました。Rihannaの「Good Girl Gone Bad」はとにかくよく出来たPopアルバムだと思います。でもな~、今年の音楽業界は全体的に見てちょっと不作なような気がするんですが、どうでしょうか…。下半期に期待します。


[シングル]
1. P!nk / U + Ur Hand
2. Ciara / Like A Boy
3. Rihanna feat. Jay-Z / Umbrella
4. Diddy feat. Keyshia Cole / Last Night
5. Nas feat. Chrisette Michele / Can't Forget About You
6. Justin Timberlake / Summer Love
7. Fergie feat. Ludacris / Glamorous
8. Gwen Stefani feat. Akon / The Sweet Escape
9. Timbaland feat. Keri Hilson & D.O.E. / The Way I Are
10. Robert Randolph & The Family Band / Thrill Of It

U & Ur HandLike a BoyUmbrella

「お前どんだけP!nk好きやねん!」と言われそうですが、再生回数的に考えると1位はこれ以外にありえないですもん! Ciaraの「Like A Boy」がヒットしなかったのには未だに恨んでますからね(つД`) こうやって見てみると「~ feat. ~」っていう曲が多いなぁ。おしまい。
00:30 |  年間ベスト選考  | トラックバック(0)  | コメント(14) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。