--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.12/22(Sat)

12/29付け The Billboard Hot 100

★Top10
 1    →  (15)  Alicia Keys / No One [5 Weeks]
 2  ↑1 ( 8) Flo Rida feat. T-Pain / Low [★Greatest Gainer / AIRPLAY]
 3   ↓1  (20)  Timbaland presents OneRepublic / Apologize
 4    →  (14)  Chris Brown feat. T-Pain / Kiss Kiss
 5   → (10) Fergie / Clumsy
 6    →  (25)  Colbie Caillat / Bubbly
 7  ↑1 (28) Finger Eleven / Paralyzer
 8  ↑2 (12) Jordin Sparks / Tattoo

 9   ↓2  (16)  Rihanna feat. Ne-Yo / Hate That I Love You
10   ↓1  (14)  Kanye West feat. T-Pain / Good Life


Alicia KeysFlo RidaClumsy

Alicia Keysが5週目の1位。Flo Ridaが今週もエアプレイ急増で2位にまでランクアップ。1位になるのは時間の問題かも。他は特に言うことありませ~ん。
[→Alicia Keys / No One (Video)]
[→Flo Rida / Low (Video)]
[→Fergie / Clumsy (Video)]


★Top40圏内注目曲
13   ↑6  ( 6)  Alicia Keys / Like You'll Never See Me Again
14   ↑2  (12)  Plies feat. Akon / Hypnotized
15   ↓1  (13)  Trey Songz / Can't Help But Wait
16 ↑56 ( 7) Sara Bareilles / Love Song [★Greatest Gainer / SALES]
18   ↑3  ( 7)  Sean Kingston / Take You There
19   ↓1  ( 9)  Natasha Bedingfield feat. Sean Kingston / Love Like This

24   ↑6  (28)  Taylor Swift / Teardrops On My Guitar
25  ↑15  ( 3)  Chris Brown / With You
26   ↑3  ( 9)  Mary J. Blige / Just Fine
29   ↑8  ( 6)  Linkin Park / Shadow Of The Day
30   ↑3  (11)  Santana feat. Chad Kroeger / Into The Night
33 ↑11 ( 7) Bow Wow & Omarion / Girlfriend
37 ↑14 ( 3) Snoop Dogg / Sensual Seduction
39 ↑11 ( 4) Kanye West feat. Dwele / Flashing Lights



16位: Sara Bareilles / Love Song
33位: Bow Wow & Omarion / Girlfriend

リトル・ヴォイスフェイス・オフ

女性シンガー・ソングライターSara Bareilles[サラ・バレリス]がTVコマーシャルの影響でダウンロード数を稼いで16位まで急上昇。デビューアルバム『Little Voice』からの1stシングルです。ちなみに邦題は「こんなハズじゃなかったラヴ・ソング」。ピアノ・ポップという言葉で形容されている通りに、分かり易くて整然としたポップ・ソングって感じ。ありがちと言えばありがちな曲にも感じますが。デビュー曲なのにMusic Videoにお金が結構掛かっていそうなのは、事務所の期待の表れなんでしょうか。
[→Sara Bareilles / Love Song (Video)]

Bow Wow & Omarion[バウ・ワウ アンド オマリオン]がアルバム発売の影響で33位にまでランクアップ。アルバム『Face Off』からの1stシングルです。wikiにもプロデューサー名が書いてなかったんですが、このキラキラしたトラックの音使いはJermaine Dupriプロデュースですよね多分。 全然違って、Don VitoとThe-Dreamだそうです。過去には傑作曲「Let Me Hold You」で相性の良さを見せ付けてくれましたが今回も聞きやすさは抜群。でもあんまり印象には残らないかなぁ。
[→Bow Wow & Omarion / Girlfriend (Video)]


37位: Snoop Dogg / Sensual Seduction
39位: Kanye West feat. Dwele / Flashing Lights

Snoop DoggKanye&Dwele

ラッパーSnoop Dogg[スヌープ・ドッグ]37位にランクイン。来年3月発売予定のアルバム『Ego Trippin'』からの先行曲です。ビルボード表記上は「Sensual Seduction」(淫らな誘惑)というタイトルですが、原題は「Sexual Eruption」(性欲の爆発)です。何を思ったか、ヴォコーダーを通してシンガーとしてのSnoop Doggも目を覚ました、限りなく懐古趣味な曲です。あまりに意外で驚きましたが、この曲良いです。Music Videoまで徹底しているところが凄い。アルバム発売までまだまだ時間があるので、どういう曲を2ndシングルに持ってくるのかが楽しみです。
[→Snoop Dogg / Sensual Seduction (Video)]

ラッパーKanye West[カニエ・ウェスト]40位にランクイン。アルバム『Graduation』からの4thシングルです。ネオ・ソウルシンガーのDwele[ドゥウェレ]をゲストに招いていますが、曲の方は現代的なシンセサウンドがひしめいて、ストリングスとの音使いが絶妙でお洒落なナンバー。アルバムの中でもお気に入りです。
[→Kanye West / Flashing Lights (Audio)]
スポンサーサイト
17:59 |  2007年 Billboard Chart  | トラックバック(0)  | コメント(20) | Top↑
2007.12/15(Sat)

12/22付け The Billboard Hot 100

★Top10
 1    →  (14)  Alicia Keys / No One [4 Weeks]
 2  ↑1 (19) Timbaland & OneRepublic / Apologize
 3  ↑1 ( 7) Flo Rida feat. T-Pain / Low [★Greatest Gainer / AIRPLAY]
 4   ↓2  (13)  Chris Brown feat. T-Pain / Kiss Kiss
 5  ↑1 ( 9) Fergie / Clumsy
 6   ↓1  (24)  Colbie Caillat / Bubbly
 7  ↑2 (15) Rihanna feat. Ne-Yo / Hate That I Love You
 8  ↑2 (27) Finger Eleven / Paralyzer
 9   ↓2  (13)  Kanye West feat. T-Pain / Good Life
10  ↑1 (11) Jordin Sparks / Tattoo


Alicia KeysFlo RidaJordin Sparks

Alicia Keysが4週目の1位。世界的に見るとOneRepublicの「Apologize」の方がヒットしているのですが、ビルボードではなかなか1位になれません。Flo Ridaがエアプレイ急増で3位。この曲も今後1位になる可能性がかなり高いです。Fergieが今週も1ランクアップで遂に5位にまで来ました。これで、アルバムからシングルカットされた5曲全てがTop5入りしたことになります。凄すぎ! アルバムの売り上げはイマイチでしたが、Jordin Sparksの「Tattoo」が遂にTop10入りを果たしました。
[→Alicia Keys / No One (Video)]
[→Timbaland & OneRepublic / Apologize (Video)]
[→Flo Rida / Low (Video)]
[→Jordin Sparks / Tattoo (Video)]


★Top40圏内注目曲
14   ↑5  (12)  Trey Songz / Can't Help But Wait
15   ↑3  (12)  Playaz Circle feat. Lil Wayne / Duffle Bag Boy
16   ↑5  (11)  Plies feat. Akon / Hypnotized
18   ↑2  ( 8)  Natasha Bedingfield feat. Sean Kingston / Love Like This
19  ↑10  ( 5)  Alicia Keys / Like You'll Never See Me Again
20  ↑12  (13)  Wyclef Jean feat. Akon. Lil Wayne & Niia / Sweetest Girl (Dollar Bill) [★Greatest Gainer / SALES]

21   ↑6  ( 6)  Sean Kingston / Take You There
22   ↑2  (11)  Taylor Swift / Our Song 
30  ↑14  (27)  Taylor Swift / Teardrops On My Guitar
33   ↑4  (10)  Santana feat. Chad Kroeger / Into The Night
34   ↑6  (21)  Paramore / Misery Business
35   ↑3  ( 9)  Sugarland / Stay
37 ↑13 ( 5) Linkin Park / Shadow Of The Day
40 ↑32 ( 2) Chris Brown / With You


Trey SongzはもしかしたらTop10いくんじゃないの? アルバム発売でWyclef Jeanがランクアップ。Taylor Swiftが来てますね~。カントリーのラジオ局では「Our Song」を中心に、その他の局では「Teardrops On My Guitar」を中心に流れているみたいなので今後も2曲ともランクアップを続けていくことと思います。「Teardrops On My Guitar」のPop Editバージョンはどうも好きじゃないけど、こっちのバージョンの方が一般的にはウケるんでしょうか。
[→Trey Songz / Can't Help But Wait (Video)]
[→Wyclef Jean / Sweetest Girl (Video)]
[→Taylor Swift / Teardrops On My Guitar (Video)]
[→Taylor Swift / Teardrops On My Guitar (Pop Single Mix) (Audio)]


37位: Linkin Park / Shadow Of The Day
40位: Chris Brown / With You


Linkin ParkChris Brown

37位Linkin Park[リンキン・パーク]がランクイン。アルバム『Minutes To Midnight』からの3rdシングルです。サビの覚え易さは彼ららしいかなぁとも思うんですが、それ以外の点ではこれまでの彼らからは全く想像も付かないほどに壮大で美しいミッド・ナンバー。今回のアルバムを象徴するような一曲ですね。Music VideoはボーカルChesterの独壇場になっています。銃声や爆発音で曲がよく聞こえないと思うので、音のみのリンクも貼っておきました。
[→Linkin Park / Shadow Of The Day (Video)]
[→Linkin Park / Shadow Of The Day (Audio)]

40位にはChris Brown[クリス・ブラウン]がランクイン。アルバム『Exclusive』からの3rdシングルです。ヒット曲量産中で大人気のStargateがプロデュースしたミッド・ナンバー。ということで、想像通りにBeyonceの「Irreplaceable」その他もろもろの曲のようにギターをフィーチャーしたメロディアスな曲です。それにしても、2週目にしてこの位置まで来ますか…。どんなにマンネリだろうが良い曲だと思うし、こういう曲が今の流行りっぽいからヒットするとも思うし、色々な意味で特に言う事のない曲ですね。どうぞ頑張っちゃってくださ~い(投げやり)。
[→Chris Brown / With You (Video)]
17:39 |  2007年 Billboard Chart  | トラックバック(0)  | コメント(14) | Top↑
2007.12/06(Thu)

12/15付け The Billboard Hot 100

★Top10
 1    →  (13)  Alicia Keys / No One [3 Weeks]
 2  ↑1 (12) Chris Brown feat. T-Pain / Kiss Kiss
 3   ↓1  (18)  Timbaland & OneRepublic / Apologize
 4   → ( 6) Flo Rida feat. T-Pain / Low
 5   ↑1  (23)  Colbie Caillat / Bubbly
 6  ↑1 ( 8) Fergie / Clumsy
 7   ↑1  (12)  Kanye West feat. T-Pain / Good Life
 8   ↓3  (21)  Soulja Boy Tell'em / Crank That (Soulja Boy)
 9   → (14) Rihanna feat. Ne-Yo / Hate That I Love You
10  ↑1 (26) Finger Eleven / Paralyzer


Alicia KeysClumsyFingerEleven

Alicia Keysが3週目の1位。まだ余裕でしょ。Fergieが毎週ジワジワとランクアップ。Finger Elevenが再Top10入りを果たしました。
[→Alicia Keys / No One (Video)]
[→Fergie / Clumsy (Video)]
[→Finger Eleven / Paralyzer (Video)]

★Top40圏内注目曲
11   ↑1  (10)  Jordin Sparks / Tattoo
17  ↑16  (22)  Justin Timberlake duet with Beyonce / Until The End Of Time
19   ↑6  (11)  Trey Songz / Can't Help But Wait
20   ↑1  ( 7)  Natasha Bedingfield feat. Sean Kingston / Love Like This

21   ↑3  (10)  Plies feat. Akon / Hypnotized
26  ↑10  ( 7)  Mary J. Blige / Just Fine
27   ↑4  ( 5)  Sean Kingston / Take You There
29 ↑17 ( 4) Alicia Keys / Like You'll Never See Me Again [★Greatest Gainer / AIRPLAY]
32   ↑5  (12)  Wyclef Jean feat. Akon, Lil Wayne & Niia / Sweetest Girl (Dollar Bill)
40   ↑3  (20)  Paramore / Misery Business


ダウンロード解禁でJustin TimberlakeBeyonceのデュエット曲がランクアップ。
Paramore再Top40入りキタワァ*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*

29位: Alicia Keys / Like You'll Never See Me Again

アズ・アイ・アム(初回生産限定盤)

今週のTop40初登場はこの1曲のみ。しかも前に紹介したので特に言うこともないです('A`) Alicia Keys[アリシア・キーズ]のアルバム『As I Am』からの2ndシングル。「If I Ain't Got You」が壮大で分かりやすい泣きメロバラードなら、こちらは心にジワジワと浸透する泣きメロバラードって感じかなぁ。磨きのかかったハスキーな声がより一層深みを与えています。まぁとにかく、この曲を「美しい」と言わずして何と言う?! これも大ヒットして欲しいし、ノリ重視で中身の無い曲が多い今の音楽界の中では大ヒットする価値のある曲でしょ。
[→Alicia Keys / Like You'll Never See Me Again (Video)]
21:10 |  2007年 Billboard Chart  | トラックバック(0)  | コメント(10) | Top↑
2007.11/30(Fri)

12/8付け The Billboard Hot 100

★Top10
 1    →  (12)  Alicia Keys / No One [2 Weeks]
 2  ↑1 (17) Timbaland & OneRepublic / Apologize
 3  ↓1 (11) Chris Brown feat. T-Pain / Kiss Kiss
 4   → ( 5) Flo Rida feat. T-Pain / Low [★Greatest Gainer / AIRPLAY]

 5   ↑1  (20)  Soulja Boy Tell'em / Crank That (Soulja Boy)
 6   ↓1  (22)  Colbie Caillat / Bubbly
 7  ↑1 ( 7) Fergie / Clumsy
 8   ↓1  (11)  Kanye West feat. T-Pain / Good Life
 9  ↑3 (13) Rihanna feat. Ne-Yo / Hate That I Love You
10   ↓1  (18)  Baby Bash feat. T-Pain / Cyclone


Alicia KeysOneRepublicRihanna&Ne-Yo

Alicia Keysが2週目の1位。来週も多分1位でしょう。OneRepublicがアルバム発売で1ランクアップ。RihannaがTop10に返り咲きを果たしました。
…とまぁ、特に言うことの無いTop10でした(´~`)
[→Alicia Keys / No One (Video)]
[→Timbaland & OneRepublic / Apologize (Video)]
[→Rihanna / Hate That I Love You (Video)]


★Top40圏内注目曲
11    →  (25)  Finger Eleven / Paralyzer
12   ↑4  ( 9)  Jordin Sparks / Tattoo [★Greatest Gainer / SALES]
15    →  (13)  matchbox twenty / How Far We've Come
17   ↑5  (10)  Playaz Circle feat. Lil' Wayne / Duffle Bag Boy
18   ↑1  (16)  Daughtry / Over You

21   ↑6  ( 6)  Natasha Bedingfield feat. Sean Kingston / Love Like This
23   ↑5  ( 9)  Taylor Swift / Our Song
24   ↑8  ( 9)  Plies feat. Akon / Hypnotized
25   ↑5  (10)  Trey Songz / Can't Help But Wait
26   ↑9  (12)  Good Charlotte / I Don't Wanna Be In Love (Dance Floor Anthem)
31 ↑11 ( 4) Sean Kingston / Take You There
32   ↑5  ( 8)  Soulja Boy Tell'em feat. i15 / Soulja Girl
36  ↑7 ( 6) Mary J. Blige / Just Fine
37  ↑7 (11) Wyclef Jean feat. Akon, Lil' Wayne & Niia / Sweetest Girl (Dollar Bill)



31位: Sean Kingston / Take You There
36位: Mary J. Blige / Just Fine
37位: Wyclef Jean feat. Akon, Lil' Wayne & Niia / Sweetest Girl (Dollar Bill)


Sean Kingstonグロウイング・ペインズWyclef Jean

特大ヒットした「Beautiful Girls」でお馴染みのSean Kingston[ショーン・キングストン]31位にランクイン。(ちょっとは可愛く見えるような画像を貼っておきましたよ!) デビューアルバム『Sean Kingston』からの3rdシングルです。一発屋になるどころか、3曲目もヒットしているし、客演として参加したNatasha Bedingfieldの曲もヒットしているし今のところは順風満帆ですね。シンセ音が次から次へと押し寄せるエレクトロ・ポップナンバー。プロデュースはもちろんJonathan "J.R." Rotem。過去の2曲とは明らかに毛色の違う曲で幅広さをアピールといったところなんでしょうか。曲の出来自体はとても良いと思うんだけど、僕は彼の歌い方は本当に苦手~。
[→Sean Kingston / Take You There (Video)]

Mary J. Blige[メアリー・J.ブライジ]36位にランクイン。アルバム『Growing Pains』からの1stシングルです。大ヒットした前作の1stシングル「Be Without You」とは打って変わって、シンセと手拍子が効いたハッピー&ファンキーな曲で、Maryもかなり伸び伸び歌っているように感じます。プロデュースはThe-DreamとTricky Stewart。「♪ジャスファ~イファ~イファ~イファ~イ、ウゥ~!」という部分にみられるように、The-Dreamお得意の耳に残る繰り返しがこの曲でも炸裂しています。
[→Mary J. Blige / Just Fine (Video)]

Wyclef Jean[ワイクリフ・ジョン]37位にランクイン。アルバム『The Carnival II: Memoirs of an Immigrant』からの1stシングルです。Shakiraとの共演曲「Hips Don't Lie」の大ヒット以来、彼に再び風が吹き始めているような気がします。本人曰く「Gone Til' Novemberの続編」と語るこの曲では、Akon[エイコン]Lil' Wayne[リル・ウェイン](と新人シンガーのNiia[ニーア])という強力なゲストを招いていますが、Wyclef自身に存在感があるのでそんなにゲストに呑まれている印象は無いかなぁと思います。むしろ自然。これだけゴチャゴチャしたゲストを綺麗にまとめて、「哀愁」という言葉がピッタリな曲をつくれるのは結構凄いんじゃないかなぁ。またこの曲のフックでは、Wu-Tang Clanの「C.R.E.A.M. (Cash Rules Everything Around Me)」のフックのフレーズを大々的に使用しています。そういうこともあって、「C.R.E.A.M.」のトラックを使用したRemixも正式に存在します。
[→Wyclef Jean / Sweetest Girl (Video)]
[→Wyclef Jean / Sweetest Girl (Remix) (Video)]
23:30 |  2007年 Billboard Chart  | トラックバック(0)  | コメント(12) | Top↑
2007.11/23(Fri)

12/1付け The Billboard Hot 100

★Top10
 1  ↑1 (11) Alicia Keys / No One [1 Week] [★Greatest Gainer / AIRPLAY] [★Greatest Gainer / SALES]
 2   ↓1  (10)  Chris Brown feat. T-Pain / Kiss Kiss
 3    →  (16)  Timbaland & OneRepublic / Apologize
 4  ↑2 ( 4) Flo Rida feat. T-Pain / Low
 5    →  (21)  Colbie Caillat / Bubbly
 6   ↓2  (19)  Soulja Boy Tell'em / Crank That (Soulja Boy)
 7    →  (10)  Kanye West feat. T-Pain / Good Life
 8  ↑4 ( 6) Fergie / Clumsy
 9   ↓1  (17)  Baby Bash feat. T-Pain / Cyclone
10   ↓1  (17)  Kanye West / Stronger


アズ・アイ・アム(初回生産限定盤)Flo Ridaプリンセス・ファーギー:The Dutchess+3~決定盤。(期間限定特別価格)

予想通りにAlicia Keysが「Fallin'」以来の通算2曲目(Usherとの「My Boo」を除く)となる1位を獲得! あれ? もっと1位になってる印象があったんだけどそうでもなかったんですね。Flo Ridaが2ランクアップで4位にまで上昇。そしてFergieが一気にTop10入り! 女性のデビューアルバムから5曲もTop10にランクインするのは、Paula Abdul(今はアメリカン・アイドルの審査員でお馴染み)以来、実に約17年振りとのことです。こんなに何もかも上手くいっちゃって、マジでBEPはどうなるんだ? また、今週もT-Pain関連曲がTop10に4曲もランクインしています。
[→Alicia Keys / No One (Video)]
[→Flo Rida / Low (Video)]
[→Fergie / Clumsy (Video)]


★Top40圏内注目曲
11  ↓1 (24) Finger Eleven / Paralyzer
12  ↓1 (12) Rihanna feat. Ne-Yo / Hate That I Love You
15   → (12) matchbox twenty / How Far We've Come
16  ↑2 ( 8) Jordin Sparks / Tattoo
18  ↓1 (11) The-Dream (feat. Fabolous) / Shawty Is A 10
19  ↑4 (15) Daughtry / Over You

27  ↑9 ( 5) Natasha Bedingfield feat. Sean Kingston / Love Like This
30  ↑7 ( 9) Trey Songz / Can't Help But Wait
35  ↑3 (11) Good Charlotte / I Don't Wanna Be In Love (Dance Floor Anthem)


なんと、Top40内初登場曲がありませんでした! 珍しい。(ちょっと寂しい)
11:19 |  2007年 Billboard Chart  | トラックバック(0)  | コメント(16) | Top↑
2007.11/17(Sat)

11/24付け The Billboard Hot 100

★Top10
 1   → ( 9) Chris Brown feat. T-Pain / Kiss Kiss [3 Weeks] [★Greatest Gainer / AIRPLAY]
 2  ↑1 (10) Alicia Keys / No One
 3  ↓1 (15) Timbaland & OneRepublic / Apologize

 4    →  (18)  Soulja Boy Tell'em / Crank That (Soulja Boy)
 5   → (20) Colbie Caillat / Bubbly
 6 ↑58 ( 3) Flo Rida feat, T-Pain / Low

 7   ↑1  ( 9)  Kanye West feat. T-Pain / Good Life
 8   ↓1  (16)  Baby Bash feat. T-Pain / Cyclone
 9   ↓3  (16)  Kanye West / Stronger
10  ↑4 (23) Finger Eleven / Paralyzer


エクスクルーシヴ(3ヶ月限定スペシャル・プライス)アズ・アイ・アム(初回生産限定盤)FingerEleven

Chris Brownが3週連続1位。ですが、来週はAlicia Keysが1位になりそうなヨカーン。後で紹介するFlo Ridaと、Finger Elevenが初のTop10入り。Flo Ridaの曲のランクインによって、Top10の内4曲がT-Pain関連曲という凄いことになっています。この記録は、2005年4月の50 Cent以来とのことです。(50 Cent feat. Olivia 「Candy Shop」、50 Cent 「Disco Inferno」、The Game feat. 50 Cent 「How We Do」、The Game feat. 50 Cent 「Hate It Or Love It」) Finger Elevenの「Paralyzer」は彼らにとって最大のヒットになっています。今更になってこんなにヒットするとは思わなかったなぁ。
[→Chris Brown / Kiss Kiss (Video)]
[→Alicia Keys / No One (Video)]
[→Finger Eleven / Paralyzer (Video)]


★Top40圏内注目曲
12   ↑8  ( 5)  Fergie / Clumsy [★Greatest Gainer / SALES] 
15    →  (11)  matchbox twenty / How Far We've Come
17   ↑1  (10)  The-Dream (feat. Fabolous) / Shawty Is A 10
18   ↑9  ( 7)  Jordin Sparks / Tattoo

21   ↑5  (13)  Carrie Underwood / So Small
24  ↑12  ( 7)  Taylor Swift / Our Song
32 ↑26 ( 5) Sugarland / Stay
36 ↑12 ( 4) Natasha Bedingfield feat. Sean Kingston / Love Like This



6位: Flo Rida feat. T-Pain / Low
32位: Sugarland / Stay
36位: Natasha Bedingfield feat. Sean Kingston / Love Like This


Flo RidaSugarlandLove Like This

ダウンロード解禁でいきなり6位にまで上がってきたのはフロリダ出身の新人ラッパーFlo Rida[フロ・リダ]。安易に名前つけすぎ! 東京出身の歌手がアーティスト名を「東京」ってするようなもんですよ。で、この曲は来年2月発売予定のデビューアルバムからの先行曲。ちょっとクランク調なシンセ使いのトラックに、お馴染みT-Pain[ティー・ペイン]がフックを担当したいかにも今のアメリカで流行りそうな曲。「♪Low~Low~Low~」って言うのが耳に残りますが、こういうテンションだけで乗り切ったラップ曲は本当にもう食傷気味なんですけど…。Flo Ridaのラップはスムースな上に嫌味のない声なので、もっと他の曲で聞きたかったような気がします。そうしないとあんたも一発屋になっちゃうよ!
[→Flo Rida / Low (Video)]

32位にランクインしたのは男女デュオのカントリーバンドSugarland[シュガーランド]。アルバム『Enjoy The Ride』からの4thシングルです。ほぼアコギ一本のサウンドの展開によりJenniferの熱唱が光るシンプルなバラード。
[→Sugarland / Stay (Video)]

36位にランクインしたのはイギリス出身のポップシンガーNatasha Bedingfield[ナターシャ・べディングフィールド]。前作『Unwritten』からは、UKアーティストにしては異例の大ヒットとなった表題曲「Unwritten」をはじめ、3曲がTop100入りを果たしました。この曲はアメリカで来年1月発売予定の2ndアルバム『Pocket Full of Sunshine』からの先行曲です。レーベル・メイトのSean Kingston[ショーン・キングストン]をちょこっとだけゲストに招いたピアノのトラックがかわいらしいミディアム・ナンバー。今ヒットしているのはSean Kingstonのおかげなのか楽曲のおかげなのかがよく分かりませんが、地味だけどジワジワ来るタイプの曲ですかね。それにしても、日本やイギリスでは前作ほどの成功を収めていないアルバム『N.B.』を、アメリカ用にタイトルや先行曲まで変えて発売するというのはよほど力を入れている証拠じゃないでしょうか。
[→Natasha Bedingfield / Love Like This (Video)]
16:01 |  2007年 Billboard Chart  | トラックバック(0)  | コメント(16) | Top↑
2007.11/10(Sat)

11/17付け The Billboard Hot 100

★Top10
 1   → ( 8) Chris Brown feat. T-Pain / Kiss Kiss [2 Weeks] [★Greatest Gainer / AIRPLAY]
 2   → (14) Timbaland & OneRepublic / Apologize
 3  ↑1 ( 9) Alicia Keys / No One

 4   ↓1  (17)  Soulja Boy Tell'em / Crank That (Soulja Boy)
 5   → (19) Colbie Caillat / Bubbly
 6    →  (15)  Kanye West / Stronger
 7  ↑1 (15) Baby Bash feat. T-Pain / Cyclone
 8  ↓1 ( 8) Kanye West feat. T-Pain / Good Life
 9   → (10) Rihanna feat. Ne-Yo / Hate That I Love You

10    →  (23)  Timbaland feat. Keri Hilson / The Way I Are


エクスクルーシヴ(3ヶ月限定スペシャル・プライス)Apologizeアズ・アイ・アム(初回生産限定盤)

Chris Brownが2週目の1位。アルバム発売のタイミングも手伝うので、来週も1位じゃないでしょうか。Alicia Keysが1ランクアップしてTop3入りした以外は、特に注目する動きの無いつまらないTop10でした~。
[→Chris Brown / Kiss Kiss (Video)]
[→Timbaland & OneRepublic / Apologize (Video)]
[→Alicia Keys / No One (Video)]


★Top40圏内注目曲
13   ↑3  ( 9)  Britney Spears / Gimme More
14   ↑4  (22)  Finger Eleven / Paralyzer [★Greatest Gainer / SALES]
18   ↑3  ( 9)  The-Dream (feat. Fabolous) / Shawty Is A 10
19  ↑11  ( 8)  DJ Khaled feat. T-Pain, Trick Daddy, Rick Ross & Plies / I'm So Hood
20   ↑8  ( 4)  Fergie / Clumsy

21   ↑3  ( 7)  Playaz Circle feat. Lil' Wayne / Duffle Bag Boy
27   ↑7  ( 6)  Jordin Sparks / Tattoo
34  ↑7 ( 6) Plies feat. Akon / Hypnotized
35  ↑9 ( 8) Cassidy feat. Swizz Beatz / My Drink N' My 2 Step

36   ↑3  ( 6)  Taylor Swift / Our Song
38  ↑5 ( 7) Trey Songz / Can't Help But Wait
39  ↑3 ( 9) Good Charlotte / I Don't Wanna Be In Love (Dance Floor Anthem)
40  ↑9 ( 5) Santana feat. Chad Kroeger / Into The Night


Finger Elevenがむちゃ頑張ってますね。
DJ Khaledも過去最大のヒットに。どうせこれもT-Pain効果なんでしょ(´~`)
Fergieの「Clumsy」が早くもTop20入り。
今週のTop40初登場は5組。しかも全員男でむさ苦しい!ので、とっとと簡単に紹介。

34位: Plies feat. Akon / Hypnotized
35位: Cassidy feat. Swizz Beatz / My Drink N' My 2 Step
38位: Trey Songz / Can't Help But Wait


The Real TestamentB.A.R.S.: The Barry Adrian Reese Storyトレイ・デイ

34位にランクインしたのはラッパーPlies[プライズ]。デビューアルバム『The Real Testament』からの2ndシングルです。逮捕直後だったのでクレジット表記から抹消されていましたが、Akon[エイコン]の「I Wanna Love You」をつくったのはもともとこの人だったらしいので、今回のこの曲でAkonが改めて恩返しをしたといった感じなんでしょう。売れっ子Akonによるキャッチーなフックが耳に残る緩やかな曲ですが、これも歌詞が酷そうだ。
[→Plies / Hypnotized (Video)]

35位にランクインしたのはラッパーCassidy[キャシディ]。最初はこの人も絶対に一発屋になると思っていたのに、逮捕や大事故などのブランクがあってもしぶとく生き残っていますね。この曲は3rdアルバム『B.A.R.S. The Barry Adrian Reese Story』からの1stシングルです。かねてからの盟友Swizz Beatz[スウィズ・ビーツ]がプロデュースと客演を担当した、いかにも彼らしいアゲアゲキャッチーな曲。
[→Cassidy / My Drink N' My 2 Step (Video)]

38位にランクインしたのはR&BシンガーTrey Songz[トレイ・ソングス]。2ndアルバム『Trey Day』からの2ndシングルです。Johnta Austinがソングライティング&Stargateがプロデュースのこの曲で、客演曲を除くと意外にも初のTop40入り。彼にとって最大のヒット曲となっています。制作布陣が強力なだけに、まぁとにかくメロディが綺麗で聞きやすいです。ビートの音はNe-Yoなどの曲で、似たようなのを幾度となく聞いてますけどね。
[→Trey Songz / Can't Help But Wait (Video)]


39位: Good Charlotte / I Don't Wanna Be In Love (Dance Floor Anthem)
40位: Santana feat. Chad Kroeger / Into The Night


Good CharlotteInto The Night

39位にランクインしたのは5人組ロックバンドGood Charlotte[グッド・シャーロット]。アルバム『Good Morning Revival』からのアメリカでの2ndシングルです。な~んか、だいぶ前に聞いていた印象があるんですけど、アメリカでは今頃ヒットしてるんですね。大々的に使用されているシンセ音が彼らにしては珍しいですが、メロディの方は相変わらずキャッチーで分かりやすいです。なんだかんだで定期的にヒット曲を送り出してきているのは結構凄いかも。
[→Good Charlotte / I Don't Wanna Be In Love (Video)]

40位にランクインしたのはギタリストCarlos Santanaを中心としたバンド、Satana[サンタナ]。ベストアルバム『Ultimate Santana』に収録されている新曲です。ゲストにNickelbackのChad Kroeger[チャド・クルーガー]を迎えた、ほのかにラテンの香り漂う爽やかロック。手堅い組み合わせに手堅い曲で手堅くヒットという感じですかね。アルバムには「feat. Jennifer Lopez & Baby Bash」というやりたい放題の組み合わせの新曲も収録されています。これもカットすんのかな? そういえばShakiraとLil' Wayneを組み合わせるなんて話もあって楽しみにしてたのに、あの話は何処行ったんだ。
[→Santana / Into The Night (Video)]
22:46 |  2007年 Billboard Chart  | トラックバック(0)  | コメント(29) | Top↑
2007.11/02(Fri)

10/10付け The Billboard Hot 100

★Top10
 1  ↑1 ( 7) Chris Brown feat. T-Pain / Kiss Kiss [1 Week] [★Greatest Gainer / AIRPLAY] [★Greatest Gainer / SALES]
 2  ↑1 (13) Timbaland & OneRepublic / Apologize
 3   ↓2  (16)  Soulja Boy Tell'em / Crank That (Soulja Boy)
 4   → ( 8) Alicia Keys / No One
 5   → (18) Colbie Caillat / Bubbly
 6    →  (14)  Kanye West / Stronger
 7  ↑1 ( 7) Kanye West feat. T-Pain / Good Life
 8   ↓1  (14)  Baby Bash feat. T-Pain / Cyclone
 9   → ( 9) Rihanna feat. Ne-Yo / Hate That I Love You
10    →  (22)  Timbaland feat. Keri Hilson / The Way I Are


エクスクルーシヴ(3ヶ月限定スペシャル・プライス)OneRepublic

「Greatest Gainer」を両方とも獲得して新たな1位に輝いたのはChris Brown。5週連続1位に輝いたデビュー曲「Run It!」以来の1位獲得です。先週は「この先はどれが1位になってもおかしくない」と言いましたが、この様子だとあと数週間はChris君が1位かもしれないです。アルバム発売を一度延期したのが功を奏して良かったね! 今思えば、なんでわざわざ「Wall To Wall」を1stシングルに選んだのか疑問が残ります。Timbaland & OneRepublicも2位に上昇。OneRepublicのアルバムも発売が決定し、アメリカのiTunes StoreではTimbalandが参加していない原曲の方も販売開始されました。彼ら以外のTop10内の動きは静かですが、Alicia KeysColbie Caillatも引き続き密かに1位を狙っています。
[→Chris Brown / Kiss Kiss (Video)]
[→Timbaland & OneRepublic / Apologize (Video)]
[→OneRepublic / Apologize (Video)]


★Top40圏内注目曲
14   ↑2  ( 9)  matchbox twenty / How Far We've Come
18   ↑3  (21)  Finger Eleven / Paralyzer
19    →  (12)  Maroon 5 / Wake Up Call
20  ↑16  (11)  Carrie Underwood / So Small

21   ↑3  ( 8)  The-Dream (feat. Fabolous) / Shawty Is A 10
24   ↑3  ( 6)  Playaz Circle feat. Lil' Wayne / Duffle Bag Boy
28 ↑17 ( 3) Fergie / Clumsy
34   ↑5  ( 5)  Jordin Sparks / Tattoo
36  ↑8 ( 4) Soulja Boy Tell'em feat. i15 / Soulja Girl
39  ↑7 ( 5) Taylor Swift / Our Song


28位: Fergie / Clumsy
36位: Soulja Boy Tell'em feat. i15 / Soulja Girl
39位: Taylor Swift / Our Song


プリンセス・ファーギー:The Dutchess+3~決定盤。(期間限定特別価格)Souljaboytellem.comTaylor Swift

28位にランクインしたのは怖いくらいに絶好調のFergie[ファーギー]。アルバム『The Dutchess』からの5thシングルにも関わらず、まだまだ彼女の勢いは収まりません。この調子じゃ5曲連続Top10入りもありえるかも。イントロのホーンの音でまず聞き手を引き込んで、ピコピコサウンドと超単純でわっかりやす~いサビで覚えさせる、30歳過ぎた女性(Fergie)が歌うにはかわいらしすぎる一曲。プロデュースはwill.i.amです。また、ポップでカラフルな上に凝ったつくりになっているPVが見事で、曲の評判を上げるのに一役買っているとも思われます。個人的にはアルバムの中で「Here I Come」「Glamorous」に続いて3番目に好きな曲でした。
[→Fergie / Clumsy (Video)]

36位にランクインしたのはSoulja Boy Tell'em[ソウルジャ・ボーイ・テレム]。アルバム『souljaboytellem.com』からの2ndシングルです。7週間1位だった「Crank That」は今週ランクダウンしてしまいましたが、早くもこの曲がTop40入りしました。その「Crank That」とは正反対の甘いミッド・チューンで早くもティーンの心を鷲掴みしているんでしょう。卑怯な気がするくらいにフックのメロディがキャッチーなので、そりゃヒットするわ! プロデュースはLos VegazとMr. Collipark。この曲の心臓部分を担っていると言っても過言ではないi15[アイ・フィフティーン]は、Polow Da Donが設立したZone 4 Inc,に所属する3人組男性R&Bグループ。どちらかと言うと彼らの今後の動きに注目したいです。
[→Soulja Boy Tell'em / Soulja Girl (Video)]
[→i15 / Lost In Love (Video)]

39位にランクインしたのはカントリーシンガーTaylor Swift[テイラー・スウィフト]。デビューアルバム『Taylor Swift』からの3rdシングルで3曲連続のTop40入りです。カントリーでこんなに続けてヒットするのは珍しいですね。この曲は今までのシングル以上にPop度高めでとても爽やかな曲です。それにしても毎度の事ながらPVでの彼女が本当に美しいです。これでまだ17歳て、こっから先どうなんのよ?!
[→Taylor Swift / Our Song (Video)]
22:05 |  2007年 Billboard Chart  | トラックバック(0)  | コメント(24) | Top↑
2007.10/26(Fri)

11/3付け The Billboard Hot 100

「ネタ無し」&「微妙に忙しい」&「微妙にやる気減」で更新が6日間も空いちゃいました(ノ∀`)
それでもビルボードネタは毎週書いていきます。

★Top10
 1    →  (15)  Soulja Boy Tell'em / Crank That (Soulja Boy) [7 Weeks]
 2 ↑20 ( 6) Chris Brown feat. T-Pain / Kiss Kiss
 3   → (12) Timbaland & OneRepublic / Apologize
 4   → ( 7) Alicia Keys / No One [★Greatest Gainer / AIRPLAY]
 5   → (17) Colbie Caillat / Bubbly
[★Greatest Gainer / SALES]
 6   ↓4  (13)  Kanye West / Stronger
 7  ↑4 (13) Baby Bash feat. T-Pain / Cyclone
 8  ↑2 ( 6) Kanye West feat. T-Pain / Good Life
 9  ↑6 ( 8) Rihanna feat. Ne-Yo / Hate That I Love You

10   ↓3  (21)  Timbaland feat. Keri Hilson / The Way I Are


エクスクルーシヴ(3ヶ月限定スペシャル・プライス)サイクロンRihanna&Ne-Yo

今週もSoulja Boy Tell'emが1位。Rihanna「Umbrella」以来の通算7週目の1位となりましたが、来週はさすがに厳しいか。ダウンロード解禁でChris Brownが一気に2位にまで急上昇! エアプレイとダウンロード共に絶好調なOneRepublicAlicia KeysColbie Caillatも3位~5位にそれぞれつけています。来週以降は1位~5位までのどれが1位になってもおかしくない超混戦になること必至なので、かなり注目しています。Baby BashRihannaが勢いよくTop10入り。「Cyclone」がTop10入りしたのを見て、クランクって飽きられたどころかまだまだ求められているものなんだなぁと思いました。シングルヒットに便乗してかアルバムタイトルも『Cyclone』に変更されています。そして何気にT-Pain関連曲がTop10内に3曲もランクインしていて、改めて人気の高さを示す形となりました。
[→Soulja Boy Tell'em / Crank That (Video)]
[→Chris Brown / Kiss Kiss (Video)]
[→Baby Bash / Cyclone (Video)]
[→Rihanna / Hate That I Love You (Video)]


★Top40圏内注目曲
16   ↑1  ( 8)  matchbox twenty / How Far We've Come
19    →  (11)  Maroon 5 / Wake Up Call
20   ↑3  (11)  Daughtry / Over You

21   ↑5  (20)  Finger Eleven / Paralyzer
24   ↑9  ( 7)  The-Dream (feat. Fabolous) / Shawty Is A 10
27   ↑8  ( 5)  Playaz Circle feat. Lil' Wayne / Duffle Bag Boy
31   ↑9  ( 6)  DJ Khaled feat. T-Pain, Trick Daddy, Rick Ross & Plies / I'm So Hood
38  ↑3 (13) Gorilla Zoe / Hood Figga
39 ↑16 ( 4) Jordin Sparks / Tattoo


38位: Gorilla Zoe / Hood Figga
39位: Jordin Sparks / Tattoo


GorillaZoeJordin Sparks

38位にランクインしたのはラッパーGorilla Zoe[ゴリラ・ゾー]。デビューアルバム『Welcome to the Zoo』からの1stシングルです。スクリュー化した声をフックに使い、シンセも絡む不穏なトラック上を少しハスキーで低い声の彼が気だるくラップしています。と、無理矢理紹介してみたものの個人的には全くピンと来ませんでしたが、この独特な空気感にハマる人はハマりそうな気がします。
[→Gorilla Zoe / Hood Figga (Video)]

39位にランクインしたのは第6回アメリカン・アイドル優勝者のJordin Sparks[ジョーディン・スパークス]。随分と貫禄のある容姿をしていますが彼女はまだ17歳。この曲はデビューアルバム『Jordin Sparks』からの1stシングルです。一聴してすぐ分かる通りにプロデュースはStargate。Beyonce「Irreplaceable」やRihanna「Good Girl Gone Bad」とほとんど同じベースのリズムに、キャッチーなメロディのサビを乗せたお得意のミッド・ナンバー。この曲では少し抑えていますが、彼女のよく通る高い声ともマッチしています。確かに良い曲だしヒットするんだろうけど、デビュー曲にいきなり量産型の売れ線曲を持ってくるのは良いことなのか?
[→Jordin Sparks / Tattoo (Audio)]
00:26 |  2007年 Billboard Chart  | トラックバック(0)  | コメント(20) | Top↑
2007.10/19(Fri)

10/27付け The Billboard Hot 100

★Top10
 1    →  (14)  Soulja Boy Tell'em / Crank That (Soulja Boy) [6 Weeks]
 2    →  (12)  Kanye West / Stronger
 3  ↑1 (11) Timbaland & OneRepublic / Apologize [★Greatest Gainer / SALES]
 4  ↑4 ( 6) Alicia Keys / No One [★Greatest Gainer / AIRPLAY]
 5  ↑2 (16) Colbie Caillat / Bubbly
 6   ↓3  ( 6)  Britney Spears / Gimme More
 7   ↓2  (20)  Timbaland feat. Keri Hilson / The Way I Are
 8   ↓2  (13)  J. Holiday / Bed
 9    →  (26)  Fergie / Big Girls Don't Cry
10   → ( 5) Kanye West feat. T-Pain / Good Life


Souljaboytellem.comOneRepublicアズ・アイ・アム(初回生産限定盤)

Soulja Boy Tell'emが通算6週目の1位。さすがにピークを通り越した印象はありますが、まだもう少し粘りそうだと予想。OneRepublicAlicia Keysが「Greatest Gainer」を獲得して、それぞれ3位と4位にまで上昇。Colbie Caillatもエアプレイが急激に伸びてきているのでロングヒットの予感です。
[→Soulja Boy Tell'em / Crank That (Video)]
[→Timbaland & OneRepublic / Apologize (Video)]
[→Alicia Keys / No One (Video)]
[→Colbie Caillat / Bubbly (Video)]


★Top40圏内注目曲
11   ↑2  (12)  Baby Bash feat. T-Pain / Cyclone
12   ↓1  (10)  50 Cent feat. Justin Timberlake & Timbaland / AYO Technology
15   ↑3  ( 7)  Rihanna feat. Ne-Yo / Hate That I Love You
19   ↑4  (10)  Maroon 5 / Wake Up Call

22  ↑13  ( 5)  Chris Brown feat. T-Pain / Kiss Kiss
24   ↑4  (15)  Justin Timberlake duet with Beyonce / Until The End Of Time
26   ↑6  (19)  Finger Eleven / Paralyzer
27   ↑4  ( 7)  Fabolous feat. Jermaine Dupri (or T-Pain) / Baby Don't Go
31 ↑19 ( 4) Jennifer Lopez / Do It Well
33 ↑14 ( 6) The-Dream (feat. Fabolous) / Shawty Is A 10

35   ↑5  ( 4)  Playaz Circle feat. Lil' Wayne / Duffle Bag Boy
36  ↑15  ( 9)  Carrie Underwood / So Small
40 ↑19 ( 5) DJ Khaled feat. T-Pain, Trick Daddy, Rick Ross & Plies / I'm So Hood


今週は3曲が初のTop40入り。
31位: Jennifer Lopez / Do It Well
33位: The-Dream (feat. Fabolous) / Shawty Is A 10
40位: DJ Khaled feat. T-Pain, Trick Daddy, Rick Ross & Plies / I'm So Hood


JenniferLopezThe-Dreamウィ・ザ・ベスト

アルバム発売を受けてようやく30位にまでランクアップしたのはJennifer Lopez[ジェニファー・ロペス]。アルバム『Brave』からの1stシングルです。プロデュースはOneRepublicのボーカル(!)のRyan Tedder。特別目新しさがある楽曲ではないものの、Eddie Kendricksの「Keep on Truckin'」を使用してインパクトもある上にキャッチーな曲だからヒット性が高いと思っていました。ところがこれが思っていたほどヒットしない…。世間の注目度が低下したことが理由としか考えられないなぁ。今週は31位まで上がりましたが、エアプレイも既に減少しているので来週以降はランクダウンするんじゃないでしょうか。
[→Jennifer Lopez / Do It Well (Video)]

33位にランクインしたのはプロデューサー兼R&BシンガーのThe-Dream[ザ・ドリーム]。ちなみにR&BシンガーのNiveaの旦那でもあります。大ヒットしたRihannaの「Umbrella」とJ. Holidayの「Bed」のプロデュースにより一躍有名になりましたが、以前からTerius Nashという名でNiveaやMya、B2K、Sugababesの曲のプロデュースに参加していたこともあるようです。そんな彼のデビューアルバム『Lovehate』からの1stシングルがこの曲。同じフレーズをひたすら繰り返す手法がこの曲にも取り入れられていて、「エー」や「オーゥ」や「エーィ!(おそらくYoung Jeezyの声)」といった合いの手によって、否が応でも聞き手側に印象を残らせます。ピアノとシンセを使ったゆるゆるR&Bナンバー。
[→The-Dream / Shawty Is A 10 (Video)]

40位にランクインしたのはDJ Khaled[DJキャレド](The-Dreamと写真を並べると違いが分からないw)。アルバム『We The Best』(今頃日本盤が出てるし。)からの2ndシングルです。 1stシングルにAkonをフィーチャーした曲を持ってきて、2ndシングルにはT-Painをフィーチャーした曲を持ってくるという今の王道的な売り方ですね。ギーラギラのシンセを使った不穏なトラックにのせて男臭いメンバーがラップをかまし、フックをT-Painが担当するといういかにも今どきなHip-Hopナンパー。
[→DJ Khaled / I'm So Hood/Brown Paper Bag (Video)]
16:09 |  2007年 Billboard Chart  | トラックバック(0)  | コメント(10) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。